住宅ローンを比較分析。人気の住宅ローン選び

フラット35徹底比較。SBIモーゲージvs楽天銀行

フラット35徹底比較。SBIモーゲージvs楽天銀行

vs128 128

フラット35を比較する場合に選択肢と言うのは多くありません。メガバンクや地方銀行でも、フラット35は取り扱っているため申し込みができるのですが、条件があまりよくないからです。

結果として、ほとんどの方が選ぶのは「シェアNo.1のSBIモーゲージ」か「事務手数料が安い楽天銀行」なのです。

では、SBIモーゲージのフラット35と楽天銀行のフラット35では、どちらが利用者にとってお得になるのでしょうか?

徹底比較しました。

 

「SBIモーゲージ」vs「楽天銀行」フラット35比較

比較項目楽天銀行フラット35VSSBIモーゲージフラット35
会社名楽天銀行株式会社-SBIモーゲージ株式会社
業態銀行>ノンバンク
金利業界最低水準=業界最低水準
フラット35金利:15年以上~20年以下(融資額90%以下)1.520%=1.520%
フラット35金利:21年以上~35年以下(融資額90%以下)1.680%=1.680%
実績シェア-<1位:シェア25.8%
事務手数料ご融資金額の1.43%(楽天銀行口座指定で1.10%)>ご融資金額の2.20%(ARUHIダイレクト利用で事務手数料1.10%)
保証料、繰上返済手数料0円=0円
本審査スピード約7日~14日<最短3営業日
店舗・相談なし。Skype相談可能<あり。全国175店舗
特典ハッピープログラムの会員ステージが2年間はVIP以上。楽天スーパーポイントが通常の3倍>不定期でキャンペーン実施

 

となっています。簡単にまとめると

1.金利は引き分け

フラット35の金利は決して取り扱い銀行で同じわけではありませんが、最低ラインの金利水準というものがあるため、楽天銀行も、SBIモーゲージも、この最低水準の金利で同じ金利が適用されているのです。金利だけを見るとどちらを選んでも変わりはありません。

2.事務手数料(返済総額)は楽天銀行が安い

楽天銀行の場合は、事務手数料がご融資金額の1.43%(楽天銀行口座指定で1.10%)とSBIモーゲージの半分で済むことになります。

例:2015年2月時点の事務手数料で3000万円の借入の場合

楽天銀行(返済口座:楽天銀行):事務手数料 1.08% = 32万4000円
SBIモーゲージ:事務手数料 2.16% = 68万8000円

と30万円以上も楽天銀行の方が安くなるのです。

金利が同じなので、事務手数料が安いと言うことは総返済額でも楽天銀行の方が事務手数料分の32万4000円安いということになります。

3.実績はSBIモーゲージ。信頼性は楽天銀行

SBIモーゲージは、2000年に創業してフラット35を専門に取り扱ってきたノンバンクです。そのため、過去の実績で見ても、フラット35のシェアが25%を超えるなど業界で一番フラット35の依頼を受けている金融機関なのです。

楽天銀行はフラット35のサービス提供開始が遅かったため、SBIモーゲージほどの知名度や実績はまだないのです。

ただし、SBIモーゲージは銀行ではなく、貸金業者、ノンバンクというくくりになります。楽天銀行は銀行という信頼性があります。

4.審査回答のスピードはSBIモーゲージ

SBIモーゲージの場合は本審査の審査回答を最短3営業日としています。楽天銀行の場合は本審査の審査回答の期間を約7日~14日としています。

スピードだけで見るとSBIモーゲージの方が有利なのです。

5.相談の体制も、店舗展開しているSBIモーゲージ

SBIモーゲージは2015年2月時点で175店舗を全国展開しています。当然、店舗でフラット35やフラット35の借り換え相談などが可能になります。

楽天銀行は店舗を持たないネット銀行のため、メールベースやスカイプベースでの相談が可能ですが、店舗での相談はできません。

20代、30代の方であれば、スカイプで相談できれば十分と考える方も多いですが、40代、50代の方では顔を合わせて相談次第と言う要望も多いと思われます。

6.特典でみれば楽天銀行

楽天銀行のフラット35を利用するとハッピープログラムの会員ステージが2年間はVIP以上になります。

楽天銀行のサービスを使った時に貯まる楽天スーパーポイントが優遇されることになります。

例えば

楽天銀行への振込み:1ポイント → 3ポイント
宝くじ(200円ごと):1ポイント → 3ポイント
満期特約定期預金:預入金額の0.06% → 預入金額の0.18%

概ね3倍貯まりやすくなると考えて良いでしょう。

それ以外にもATM手数料が月5回まで無料になるなど銀行としての特典もあるのです。

結果的にどっちが良いのでしょうか?

結論

総返済額を重視する方(少しでも返済する金額が安い方が良い方)

楽天銀行のフラット35を選ぶ

「店舗相談ができない、結果的に返済額が安い方がいい。」という場合は、事務手数料が安い楽天銀行を選ぶべきです。金利は同じなので、事務手数料の差がそのまま返済金額の差になるからです。

フラット35への借り換えをする方

楽天銀行のフラット35を選ぶ

借り換えの場合、すでにフラット35の仕組みなどは理解されているはずなので、基本的には事務手数料が安いに越したことはありません。すでに新規で借り入れするときにも、事務手数料を支払っているはずですので、借り換え時の事務手数料はできるだけ抑えるべきなのです。

融資までのスピードを重視する方(引き渡しまで時間がない方)

SBIモーゲージのフラット35を選ぶ

本審査の審査回答が最短3日というのは大きなメリットです。とくにお金を用意しなければならないタイミングが差し迫っている場合には多少高くてもSBIモーゲージのフラット35を選ぶという選択肢になります。他の住宅ローンに申込んだけれど審査落ちしてしまってフラット35に切りかえるというような方の場合には引き渡しが差し迫っていることも多いのです。

店舗での相談を重視する方

SBIモーゲージのフラット35を選ぶ

実際に店舗で担当者と顔を合わせながら相談したいという方は全国に店舗展開しているSBIモーゲージを選ぶべきです。楽天銀行でもスカイプによる相談が可能ですが、年配の方の場合はスカイプが使えないというケースも多いのです。

まとめ

フラット35は、上記の選択肢で比較検討すればほぼ希望にあった銀行を選ぶことができるかと思います。意外と知らない方が多いのですが、金利はどちらも同じなのです。

 

この記事が住宅ローン選びにプラスになったと思ったら「いいね」お願いします。

当サイト利用者実績のべ数
727万1706人

※ 自社調べ。運営歴8年
ファイナンシャルプランナー(FP)が運営

住宅ローン人気銀行ピックアップ   2023年2月最新情報

ランキングアイコン1位イオン銀行 住宅ローン
イオン銀行 住宅ローンのウェブサイト画像

変動金利、当初10年固定金利ともにネット銀行トップクラスの低金利。イオンでのお買い物が5年間5%OFFで最大22.5万円の割引に。自己資金は0円でも借り入れ可能。さらに最大300万円までの諸費用ローンありと利便性も高い

●変動金利(保証料、金利優遇込)
0.430%
0.430%(借り換え)
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)
1.440%
●金利以外の主要な負担費用(税込)
事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る

ランキングアイコン2位住信SBIネット銀行 住宅ローン
住信SBIネット銀行住宅ローンのウェブサイト画像

がん、心筋梗塞、脳卒中など全てのケガ・病気で就業不能状態になると、住宅ローン返済が免除される全疾病保障が無料付帯。変動金利、5年、10年当初固定金利も圧倒的な低金利。さらに女性の方には保険料無料でガン診断給付金付き

●変動金利(保証料、金利優遇込)
0.440%
0.428%(借り換え)
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)
1.660%
●金利以外の主要な負担費用(税込)
事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る


 

ランキングアイコン3位ソニー銀行 住宅ローン
ソニー銀行 住宅ローンのウェブサイト画像

ソニー銀行は変動金利が0.447%、頭金1割超で0.397%と業界最低水準の金利を実現。さらにオリコン満足度ランキングで4年連続1位を誇りサービスレベルの高さに定評。固定金利と変動金利の切替えが自由に何度も可能でリスク回避

●変動金利(保証料、金利優遇込)
0.447%
0.397%(新規購入&自己資金1割~)
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)

●金利以外の主要な負担費用
事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る

 

注目!住宅ローンピックアップ

注目!ソニー銀行の住宅ローン

  • 自己資金1割以上で業界最低水準の金利
  • がん50%保障特約付団信無料付帯
  • AIによる自動審査で最短60分スピード審査回答
  • 変動金利と固定金利を何度でも切り替え可能
  • 前月の15日前後には次月の金利を発表!金利タイプ切替に有利

●変動金利(保証料、金利優遇込) 0.447%
(新規購入&自己資金1割~の場合)0.397%
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)
●金利以外の主要な負担費用事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る

 

住宅ローン借り換えで人気の銀行ピックアップ

借り換えで人気の理由は「様々な不安に対応できる住宅ローン」

  • 事務手数料が他の銀行と比較して数十万円安い。借り換え負担が軽い
  • 家計が苦しいときに繰上返済した期間は元金返済を一旦休止できる
  • 要介護状態でも団信が適用。完済年齢が高齢になる場合に安心
  • 家事代行サービスや病児保育が最大50回分無料で利用ができる
●変動金利(保証料、優遇込) 0.420%
●金利以外の主要な負担費用 55,000円(税込)/安心パック(介護保障・コントロール返済)110,000円(税込)/安心パックW(家事代行・病児保育)165,000円(税込)/変動金利(半年型)タイプ<変動フォーカス>借入額の2.20%(税込)
商品詳細、口コミを見る
 

WEB申込・借り換え限定の特別金利プランが人気。金利は業界最低水準! 

  • WEB申込限定借り換えローンは当初10年固定が低金利
  • 大手都市銀行なのに保証料が無料で総返済額が安い
  • WEB申込後に店舗や住宅ローンプラザで相談できるので安心
●変動金利(保証料、優遇込) 0.430%
●当初10年固定金利(保証料、優遇込) 1.185%
●金利以外の主要な負担費用 事務手数料33,000円+借入額の2.20%
商品詳細、口コミを見る

フラット35借入中の方は「フラット35からフラット35への借り換え」もできる!
現在のフラット35金利より0.3%以上高い金利で借りてるなら返済額削減可能!

住宅ローンフラット35で人気の銀行ピックアップ

フラット35で人気の理由は「最低金利+事務手数料の安さ」

  • 事務手数料が他の銀行と比較して数十万円安い
  • 楽天銀行口座を返済口座にすると事務手数料が1.10%
  • 金利はフラット35取扱約340社の中で最低金利
●15年~20年固定金利(保証料、優遇込) 1.520%
→フラット35sなら当初10年間の金利 1.270%
●21年~35年固定金利(保証料、優遇込) 1.680%
→フラット35sなら当初10年間の金利 1.430%
●金利以外の主要な負担費用 事務手数料 借入額の1.43%(楽天銀行口座返済で1.10%)
商品詳細、口コミを見る
 

住宅ローン人気ランキング   2023年2月最新情報

順位銀行名変動金利
(保証料・優遇込)
当初10年
固定金利
(保証料・優遇込)
事務
手数料
(税込)
団信料メリット/独自サービス詳細
1位イオン銀行
イオン銀行住宅ローン
0.430%1.440%借入額の2.20%0円・イオンでの買い物5%OFF
・5年間で最大22.5万円分割引可能
詳細
2位住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行住宅ローン
0.440%
借換
0.428%
1.660%
借換
借入額の2.20%※10円・全疾病保障が無料付帯
・諸費用分も借入可能(金利0.05%上乗)
・女性限定ガン診断給付金特約無料
詳細
3位ソニー銀行
ソニー銀行住宅ローン
0.447%
新規+頭金1割
0.397%

新規+頭金1割
借入額の2.20%0円・固定と変動を何度でも切り替え可能
・がん50%保障特約付団信無料付帯
・翌月の金利を半月前に発表
・AIによる自動審査で最短60分スピード審査回答
詳細
4位りそな銀行
りそな銀行住宅ローン
※2023年2月適用金利
0.725%

借換
0.430%
1.440%

借換
1.185%
3.3万円(借換
+借入額
の2.20%)
0円

・銀行初!新しいタイプの団体信用生命保険付き住宅ローン「団信革命」
借り換えなら保証料お客様負担0円に
※WEB受付は借りかえローンのみです。

詳細
56位東京スター銀行
>東京スター銀行住宅ローン
0.750%~1.250%1.600%~2.100%

借入額の2.20%

0円

・入院保険が無料付帯
・普通預金金利優遇

詳細
6位SBI新生銀行
SBI新生銀行住宅ローン
0.420%-

借入額の2.20%

0円・リフォーム資金も同金利で借入可能詳細
7位カブドットコム証券(銀行代理業)
kabucom
借入額の2.20%0円・三菱UFJ銀行の低金利
・保証料不要ネット専用住宅ローンを代理販売
詳細
8位みずほ銀行
みずほ銀行住宅ローン
0.575%~0.875%
借換
0.575%~0.875%
1.600%~1.900%
借換
1.600%~1.900%
3.3万円0円

・メガバンクの安心
ネットから借り換え申込みでネット銀行並の金利
・来店不要で契約まで可能

詳細
9位楽天銀行
楽天銀行住宅ローン
0.539%~1.189%1.727%~2.377%33万円0円

・事務手数料330,000円
審査が通りやすい
・事前審査最短翌日回答
全疾病保障無料付帯

詳細
10位三菱UFJ銀行
三菱UFJ銀行住宅ローン
0.675%3.3万円0円・メガバンクの安心詳細
11位三井住友銀行
三井住友銀行住宅ローン
0.675%~0.925%1.340%3.3万円0円・メガバンクの安心詳細

住宅ローンフラット35人気ランキング   2023年2月最新情報

順位銀行名15年~20年金利21年~35年金利事務
手数料
(税込)
団信料メリット/独自サービス詳細
1位住信SBIネット銀行
フラット35(買取型)
sbi
1.520%1.680%借入額の1.10%約200万円

・事務手数料1.10%
・事務手数料に0.5%上乗せで「全疾病保障」付帯。3000万円ならたった15万円(税別)

・事前審査結果は3営業日以内に通知

詳細
2位楽天銀行
フラット35
楽天銀行住宅ローン
1.520%1.680%借入額の1.43%約200万円・事務手数料が安い
・楽天銀行口座返済で事務手数料1.10%
詳細
3位ARUHI
フラット35
ARUHI住宅ローン
1.520%1.680%借入額の2.20%約200万円・圧倒的な審査スピード
・本審査は最短3営業日
・フラット35実績No.1
詳細

トップ 住宅ローン解説 基礎知識 フラット35 フラット35徹底比較。SBIモーゲージvs楽天銀行

住宅ローン最新動向レポート

article thumbnail

住宅ローン金利動向 2019年9月レポート 住宅ローンの金利動向・金利推移をまとめた毎月のレポートです。住宅ローンを検討している方は参考にしていただければ幸いです。

    住宅ローンの種類

    住宅ローンの審査

    住宅ローンの達人技

    徹底比較!どっちがお得

    住宅ローンサービス分析

    住宅ローンアンケート調査

    article thumbnail

    住宅ローンにも県民性は出てくるのか? 住宅ローン選びにも、地方ごとの特色というのは出てくるのでしょうか?東京の人と北海道 [ ... ]

    教えて住宅ローンQ&A

    article thumbnail

    会社経営をしていて借入が1000万円ある場合、住宅ローンの審査は通りにくいのでしょうか? Q.会社経営をしていて、かつその法人で1 [ ... ]

    新規借入/借換えシミュレーション