住宅ローンを比較分析。人気の住宅ローン選び

住宅ローン選びよくある勘違い10選

住宅ローン選びよくある勘違い10選

住宅ローンを比較検討して選ぶ際にやってしまいがちな失敗、よくある間違いについてまとめました。

1.住宅ローンは、メガバンクが倒産しないから安心と勘違い

そんなことはありません。そもそも、住宅ローンは借りるものです。預金であれば銀行が倒産した際に保障されるのは1000万円までですが、ローンはお金を借りている側です。銀行が倒産しても、影響はないのです。つまり、倒産するかどうか?経営の健全性で住宅ローンを選ぶのは間違いということです。ちなみに、住宅ローンを組んでいる銀行が倒産しても、返済義務がなくなるわけではなく、債権を引き継いだ銀行に返済することになります。

2.変動金利は毎月金利が変動すると勘違い

変動金利は、毎月金利が変動するものではありません。1年に2回、半年に1回のペースで金利が見直しがされます。また、返済額は借り入れから5年間は一定のままです。5年間の間は返済額は変わりませんが、金利は変動しているので元本に充当する割合は変動していきます。

3.フラット35は全期間固定金利の中なら一番低金利と勘違い

これは完全に間違えではありません。フラット35の金利は民間銀行の全期間固定金利と比較すると0.3%~0.5%ほと低金利で利用することが可能です。しかし、注意しなければならないのは「団体信用生命保険」の加入が有料ということです。フラット35を利用して団信に加入する場合には約200万円前後の団信料が発生するため、金利換算で0.3%ほどの負担増になるのです。それでもフラット35の方が若干金利は低いことになりますが、大きな違いはないことに注意が必要です。

4.当初10年固定金利は、変動金利と全期間固定金利の中間と勘違い

金利上昇リスクはあるがベースの金利が低い「変動金利」と金利上昇リスクはないがベースの金利が高い「全期間固定金利」、この間に位置するのが10年間だけ金利変動リスクがなく、ベースの金利は中間ぐらいの「当初10年固定金利」です。しかし、本当に中間なのか?と言われるとそれは間違えです。約30年ぐらいの借入の中で3分の1の期間だけが固定金利であり、当初10年間というのは金利変動リスクも少ないのです。また、当初期間が終われば、はじめから変動金利の人よりも高い変動金利になってしまいます。まったくもって中間でないことを知る必要があるでしょう。

5.貯金0円でも住宅ローンは利用できる、家は買えると勘違い

厳密に言えば、たしかに貯金0円でも住宅ローンは利用可能です。また、イオン銀行などが提供しているつなぎ融資であれば、諸費用、引っ越し代、新居のインテリア・家具まで借り入れが可能です。しかし、やはり貯金0円で家を買うというのは大きなリスクであるのは事実なのです。当然審査も厳しくなるため、購入できる住宅の価格帯は下げざるを得ませんし、つなぎ融資をしてもらったところで、感覚がマヒしてしまって自分のお金のように新居の家具などをそろえてしまい、借入額が増大する方も多いようです。まずは、1年間貯金して、最低でも200万~300万円ぐらいが貯まったところで住宅購入を考えるべきと言えます。

6.住宅ローンの疾病保障と医療保険の疾病保障は同じものと勘違い

住宅ローンには、団信に加えて、疾病保障や介護保障などの特約が無料で付与されている住宅ローンがあります。もちろん、何もない団信の住宅ローンよりは特約がついて、しかも無料で加入できるため大きなメリットがあるのですが、注意すべきポイントがあります。それは、普段目にしている医療保険と団信の特約では、保障が適用される条件に大きな違いがあるのです。医療保険では診断された段階で入院給付金が受け取れたりしますが、団信の疾病保障の場合、診断され働けなくなった状態が数か月維持されてはじめて保障が実行されるというようにハードルが高く設定されているのです。そもそも、保険料を毎月支払い医療保険と無料でついてくる団信の特約には大きな差があって当たり前なのです。

7.借り換えは金利1.0%以上、10年の残期間がなければメリットはないと勘違い

これも、昔から言われている「基準」です。しかし、今では金利が0.3%ほどであっても、住宅ローンの借り換えメリットが享受できる可能性があります。銀行によって違うため、慎重にシミュレーションする必要がありますが、少しでも金利差があれば借り換えを検討してみても良いのです。金利競争が激しくなっている今は昔とは状況が変わっているのです。

8.住宅ローンは1社しか同時に申込めないと勘違い

住宅ローンは複数社に同時に申し込みをすることが可能です。というか、複数の住宅ローンに同時に申し込みをすべきなのです。仮審査通過後、もしくは本審査通過後、最終的な意思確認の依頼がありますが、そのときに利用しないところには返答すれば良いのです。複数に申込むメリットは、審査落ちをした場合でも、すぐに対処ができることです。またはじめから申込をしていては、さらに1か月半ほどの時間がかかってしまうのです。

9.メガバンクの住宅ローンの保証料は、借り換え時には返ってくると勘違い

メガバンクの諸費用である保証料は、万が一途中で借り換えをした場合には戻ってくるもので、ネット銀行の事務手数料は戻ってこないから、メガバンクの方が有利。という勘違いをしている方も多いようです。完全に間違えではありませんが、思ったほど戻ってくるものではありません。30年の借り入れがあって10年目に借り換えをしたら、残りの3分の2の期間分ぐらいは戻ってくるだろうと思ってしまいますが、実際は10年目では戻ってくる保証料ほぼ0円です。5年目で50%ほどしか戻ってこないのです。借り換えをしようとしたら、借り換え先の諸費用分にとあてにしていた保証料返還がなくて、結果借り換えができなかったという人も多いのです。

10.住宅ローン選びで重要なのは「金利」だけという勘違い

住宅ローン選びで重要なポイントは、「金利」や「諸費用」というよりは、「金利タイプ」と「総返済額」です。どんなリスクに対応するかという「金利タイプ」を選ぶことと、利息の返済と諸費用から算出する最終的な「総返済額」が重要になるのです。

この記事が住宅ローン選びにプラスになったと思ったら「いいね」お願いします。

当サイト利用者実績のべ数
727万1706人

※ 自社調べ。運営歴8年
ファイナンシャルプランナー(FP)が運営

住宅ローン人気銀行ピックアップ   2023年2月最新情報

ランキングアイコン1位イオン銀行 住宅ローン
イオン銀行 住宅ローンのウェブサイト画像

変動金利、当初10年固定金利ともにネット銀行トップクラスの低金利。イオンでのお買い物が5年間5%OFFで最大22.5万円の割引に。自己資金は0円でも借り入れ可能。さらに最大300万円までの諸費用ローンありと利便性も高い

●変動金利(保証料、金利優遇込)
0.430%
0.430%(借り換え)
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)
1.440%
●金利以外の主要な負担費用(税込)
事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る

ランキングアイコン2位住信SBIネット銀行 住宅ローン
住信SBIネット銀行住宅ローンのウェブサイト画像

がん、心筋梗塞、脳卒中など全てのケガ・病気で就業不能状態になると、住宅ローン返済が免除される全疾病保障が無料付帯。変動金利、5年、10年当初固定金利も圧倒的な低金利。さらに女性の方には保険料無料でガン診断給付金付き

●変動金利(保証料、金利優遇込)
0.440%
0.428%(借り換え)
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)
1.660%
●金利以外の主要な負担費用(税込)
事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る


 

ランキングアイコン3位ソニー銀行 住宅ローン
ソニー銀行 住宅ローンのウェブサイト画像

ソニー銀行は変動金利が0.447%、頭金1割超で0.397%と業界最低水準の金利を実現。さらにオリコン満足度ランキングで4年連続1位を誇りサービスレベルの高さに定評。固定金利と変動金利の切替えが自由に何度も可能でリスク回避

●変動金利(保証料、金利優遇込)
0.447%
0.397%(新規購入&自己資金1割~)
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)

●金利以外の主要な負担費用
事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る

 

注目!住宅ローンピックアップ

注目!ソニー銀行の住宅ローン

  • 自己資金1割以上で業界最低水準の金利
  • がん50%保障特約付団信無料付帯
  • AIによる自動審査で最短60分スピード審査回答
  • 変動金利と固定金利を何度でも切り替え可能
  • 前月の15日前後には次月の金利を発表!金利タイプ切替に有利

●変動金利(保証料、金利優遇込) 0.447%
(新規購入&自己資金1割~の場合)0.397%
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)
●金利以外の主要な負担費用事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る

 

住宅ローン借り換えで人気の銀行ピックアップ

借り換えで人気の理由は「様々な不安に対応できる住宅ローン」

  • 事務手数料が他の銀行と比較して数十万円安い。借り換え負担が軽い
  • 家計が苦しいときに繰上返済した期間は元金返済を一旦休止できる
  • 要介護状態でも団信が適用。完済年齢が高齢になる場合に安心
  • 家事代行サービスや病児保育が最大50回分無料で利用ができる
●変動金利(保証料、優遇込) 0.420%
●金利以外の主要な負担費用 55,000円(税込)/安心パック(介護保障・コントロール返済)110,000円(税込)/安心パックW(家事代行・病児保育)165,000円(税込)/変動金利(半年型)タイプ<変動フォーカス>借入額の2.20%(税込)
商品詳細、口コミを見る
 

WEB申込・借り換え限定の特別金利プランが人気。金利は業界最低水準! 

  • WEB申込限定借り換えローンは当初10年固定が低金利
  • 大手都市銀行なのに保証料が無料で総返済額が安い
  • WEB申込後に店舗や住宅ローンプラザで相談できるので安心
●変動金利(保証料、優遇込) 0.430%
●当初10年固定金利(保証料、優遇込) 1.185%
●金利以外の主要な負担費用 事務手数料33,000円+借入額の2.20%
商品詳細、口コミを見る

フラット35借入中の方は「フラット35からフラット35への借り換え」もできる!
現在のフラット35金利より0.3%以上高い金利で借りてるなら返済額削減可能!

住宅ローンフラット35で人気の銀行ピックアップ

フラット35で人気の理由は「最低金利+事務手数料の安さ」

  • 事務手数料が他の銀行と比較して数十万円安い
  • 楽天銀行口座を返済口座にすると事務手数料が1.10%
  • 金利はフラット35取扱約340社の中で最低金利
●15年~20年固定金利(保証料、優遇込) 1.520%
→フラット35sなら当初10年間の金利 1.270%
●21年~35年固定金利(保証料、優遇込) 1.680%
→フラット35sなら当初10年間の金利 1.430%
●金利以外の主要な負担費用 事務手数料 借入額の1.43%(楽天銀行口座返済で1.10%)
商品詳細、口コミを見る
 

住宅ローン人気ランキング   2023年2月最新情報

順位銀行名変動金利
(保証料・優遇込)
当初10年
固定金利
(保証料・優遇込)
事務
手数料
(税込)
団信料メリット/独自サービス詳細
1位イオン銀行
イオン銀行住宅ローン
0.430%1.440%借入額の2.20%0円・イオンでの買い物5%OFF
・5年間で最大22.5万円分割引可能
詳細
2位住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行住宅ローン
0.440%
借換
0.428%
1.660%
借換
借入額の2.20%※10円・全疾病保障が無料付帯
・諸費用分も借入可能(金利0.05%上乗)
・女性限定ガン診断給付金特約無料
詳細
3位ソニー銀行
ソニー銀行住宅ローン
0.447%
新規+頭金1割
0.397%

新規+頭金1割
借入額の2.20%0円・固定と変動を何度でも切り替え可能
・がん50%保障特約付団信無料付帯
・翌月の金利を半月前に発表
・AIによる自動審査で最短60分スピード審査回答
詳細
4位りそな銀行
りそな銀行住宅ローン
※2023年2月適用金利
0.725%

借換
0.430%
1.440%

借換
1.185%
3.3万円(借換
+借入額
の2.20%)
0円

・銀行初!新しいタイプの団体信用生命保険付き住宅ローン「団信革命」
借り換えなら保証料お客様負担0円に
※WEB受付は借りかえローンのみです。

詳細
56位東京スター銀行
>東京スター銀行住宅ローン
0.750%~1.250%1.600%~2.100%

借入額の2.20%

0円

・入院保険が無料付帯
・普通預金金利優遇

詳細
6位SBI新生銀行
SBI新生銀行住宅ローン
0.420%-

借入額の2.20%

0円・リフォーム資金も同金利で借入可能詳細
7位カブドットコム証券(銀行代理業)
kabucom
借入額の2.20%0円・三菱UFJ銀行の低金利
・保証料不要ネット専用住宅ローンを代理販売
詳細
8位みずほ銀行
みずほ銀行住宅ローン
0.575%~0.875%
借換
0.575%~0.875%
1.600%~1.900%
借換
1.600%~1.900%
3.3万円0円

・メガバンクの安心
ネットから借り換え申込みでネット銀行並の金利
・来店不要で契約まで可能

詳細
9位楽天銀行
楽天銀行住宅ローン
0.539%~1.189%1.727%~2.377%33万円0円

・事務手数料330,000円
審査が通りやすい
・事前審査最短翌日回答
全疾病保障無料付帯

詳細
10位三菱UFJ銀行
三菱UFJ銀行住宅ローン
0.675%3.3万円0円・メガバンクの安心詳細
11位三井住友銀行
三井住友銀行住宅ローン
0.675%~0.925%1.340%3.3万円0円・メガバンクの安心詳細

住宅ローンフラット35人気ランキング   2023年2月最新情報

順位銀行名15年~20年金利21年~35年金利事務
手数料
(税込)
団信料メリット/独自サービス詳細
1位住信SBIネット銀行
フラット35(買取型)
sbi
1.520%1.680%借入額の1.10%約200万円

・事務手数料1.10%
・事務手数料に0.5%上乗せで「全疾病保障」付帯。3000万円ならたった15万円(税別)

・事前審査結果は3営業日以内に通知

詳細
2位楽天銀行
フラット35
楽天銀行住宅ローン
1.520%1.680%借入額の1.43%約200万円・事務手数料が安い
・楽天銀行口座返済で事務手数料1.10%
詳細
3位ARUHI
フラット35
ARUHI住宅ローン
1.520%1.680%借入額の2.20%約200万円・圧倒的な審査スピード
・本審査は最短3営業日
・フラット35実績No.1
詳細

トップ 住宅ローン解説 プロが教える住宅ローン 住宅ローン選びよくある勘違い10選

住宅ローン最新動向レポート

article thumbnail

住宅ローン金利動向 2019年9月レポート 住宅ローンの金利動向・金利推移をまとめた毎月のレポートです。住宅ローンを検討している方は参考にしていただければ幸いです。

    住宅ローンの種類

    住宅ローンの審査

    住宅ローンの達人技

    徹底比較!どっちがお得

    住宅ローンサービス分析

    住宅ローンアンケート調査

    article thumbnail

    住宅ローンにも県民性は出てくるのか? 住宅ローン選びにも、地方ごとの特色というのは出てくるのでしょうか?東京の人と北海道 [ ... ]

    教えて住宅ローンQ&A

    article thumbnail

    会社経営をしていて借入が1000万円ある場合、住宅ローンの審査は通りにくいのでしょうか? Q.会社経営をしていて、かつその法人で1 [ ... ]

    新規借入/借換えシミュレーション