住宅ローンを比較分析。人気の住宅ローン選び

住宅ローンシミュレーションの注意点。見当違いの試算結果で住宅ローンを選ばないために

住宅ローンシミュレーションの注意点。見当違いの試算結果で住宅ローンを選ばないために

calculation128 128住宅ローンを比較検討するときには、住宅ローンのシミュレーションツールを使って、候補の中から絞り込む形が多いかと思います。しかし、いきなり住宅ローンのことを理解せずにシミュレーションをして、見当違いの試算結果をもとに住宅ローンを選んでしまっている方も少なくないのです。

今回は住宅ローンをシミュレーションするときの注意点について解説します。

1.銀行の種類によって金利や手数料が異なることを理解する

住宅ローンは銀行によって手数料の設計の仕方がことなります。

大きな手数料には「事務手数料」と「保証料」という2つがあるのですが、

メガバンク/地方銀行/信金の場合
  • 保証料 金利+0.2%
  • 事務手数料 3万円(税別)
ネット銀行の場合
  • 保証料 無料
  • 事務手数料 2.0%(税別)

という形で、手数料の作り方が異なるのです。

また、メガバンクの保証料「金利+0.2%上乗せ」というのは、「たった0.2%か」と思ってしまう方もいるかもしれませんが、

3000万円の借入の場合、「金利+0.2%上乗せ」は150万円~200万円ほどの返済額負担の増大があるのです。

保証料は「一括前払い方式」で契約時に支払う形式もあるので、注意が必要です。

2.借入条件によって金利が変わるケースを理解する

審査によって適用金利が変わるケース

例えば、三菱UFJ銀行の場合

simu chuiten 3

金利が「0.95%~1.20%」となっています。

これは審査次第で金利が変わることを意味しているのです。

  • 審査の評価が低ければ → 1.20%
  • 審査の評価が高ければ → 0.95%

です。

下限金利の「0.95%」だけでシミュレーションをしてしまったら、実際は審査の評価が悪く1.20%になってしまうということも考えうるのです。

金利に幅がある住宅ローンを検討するときには、下限金利と上限金利の両方で試算して、最悪のケースも想定しておく必要があります。

自己資金によって適用金利が変わるケース

例えば、住信SBIネット銀行の場合

simu chuiten 4

同じ変動金利でも

  • 自己資金 20%未満の場合 年 0.568%
  • 自己資金 20%以上の場合 年 0.497%
  • 借り換えの場合 年 0.497%

と金利に違いがあるのです。

自己資金の割合(融資率)によって金利を変えている銀行というのは少なくありません。

自己資金は審査とは違って、あらかじめ計算できるものですが

「※お借入総額が、ご購入される物件の購入価格および建築される物件の工事請負価格(いずれも諸費用、お取扱い手数料を除く)の合計額に対して80%以内のお客さまが対象となります。」

という形で諸費用は含まれないため、それも踏まえて自己資金の割合を計算しておく必要があります。不安な方は銀行に問い合わせてみれば良いでしょう。

3.当初固定金利の当初期間終了後金利を理解する

当初固定金利というのは

  • 当初期間(特約期間) 低金利
  • 当初期間終了後 高金利

になる金利タイプのことです。

これを理解していないとシミュレーションツールに入力する金利を間違えてしまうことになります。

例えば、住信SBIネット銀行の場合

通期引下げプラン

simu chuiten 4

当初引下げプラン

simu chuiten 5

となっています。

ここで問題です。

当初3年固定金利を選んだ方は、金利の変化がない場合4年目の金利はどれになると思いますか?

正解は

「0.975%」

です。

通期引き下げプランの「0.568%」ではないのです。

当初3年固定金利を見てみると

  • 基準金利からの引下げ幅(当初特約期間) -1.98%
  • 基準金利からの引下げ幅(特約期間終了後) -1.80%

となっています。

当初固定金利の当初期間終了後は原則変動金利になるため、変動金利の基準金利から-1.80%の金利が4年目以降は適用されるということになります。

変動金利の基準金利から-1.80%というのは、当初引下げプランの変動金利「0.975%」のことを意味するのです。

間違って、4年目以降を「0.568%」として試算してしまったら、大幅に試算結果が割安になってしまい、実際に返済していたらかなり返済負担が増えてしまうことになるのです。

4.金利上昇を理解する

住宅ローンの金利は変動するものです。全期間固定金利を選ぶのであれば金利上昇は関係ありませんが、変動金利や当初固定金利を選ぶのであれば金利上昇リスクをシミュレーション段階から織り込んでおくのは必須要件と言えます。

住宅ローンの金利は

  • 景気が良くなれば上昇する
  • 景気が悪くなれば下降する

という形になり、不景気真っ只中の今は、景気が悪いので超低金利ということになります。

つまり、景気が良くなれば今よりも金利は上昇するのです。

何%上昇するかは景気次第ですが、バブル期には変動金利6.0%~8.0%という時代もあったぐらいなのです。

すくなくとも、下記のパターンぐらいは試算して比較しておく必要があります。

  1. 金利変動なし
  2. 10年後1.0%上昇
  3. 10年後2.0%上昇
  4. 20年後1.0%上昇
  5. 20年後2.0%上昇

「金利が○%上昇したときに毎月いくら返済しなければならないのか?」把握しておくのとしていないのでは大きな違いがあるのです。

5.フラット35を理解する

フラット35は住宅ローンの中でも変わっている商品設計になります。

団信の違い

民間銀行

  • 団信加入が必須
  • 団信無料

フラット35

  • 団信加入が任意
  • 団信有料

となっています。極端に言えば、団信がない分フラット35の金利は民間銀行の住宅ローン金利と比較して低金利なのです。

「フラット35で団信をつけたい」という方の場合は、団信特約料も見込んで住宅ローンの総返済額を算出する必要があります。

団信特約料は借入3000万円、35年返済、金利1.0%の場合、200万円程度の負担になります。

こちらで団信特約料は試算可能です。
http://www.jhf.go.jp/simulation_danshin/index.php#total

フラット35の仕組み

フラット35は住宅金融支援機構が提供している住宅ローンですが、住宅金融支援機構が販売することはなく、銀行が窓口になって、代理販売をしている商品なのです。

しかし、同じフラット35といっても、金利や事務手数料は販売する銀行が決定できる部分もあるのです。

  • 金利 → 住宅金融支援機構が決めた範囲内で銀行が設定可能。ほとんど最低金利に設定されている
  • 事務手数料 → 銀行が設定可能

です。

ネット銀行であれば、フラット35の金利はどこも「フラット35最低金利」が適用されているため、違いはないのですが、事務手数料は銀行によって借入額の2.0%のところもあれば、1.0%のところもあるのです。

6.利用できる銀行かどうか?物件を販売する不動産会社に確認する

購入する物件が決まっている方は

物件を販売している不動産会社に「利用できない住宅ローンの銀行などはありますでしょうか?」と聞きましょう。

不動産会社が提携ローンをすすめてくることがありますが、それは選択肢の一つとして聞いておいた上で「自分で探すことも視野にいれたい」と伝え、それでもNGの銀行があるか確認しておくべきなのです。

例えば

フラット35、フラット35Sなどは住宅の基準をクリアしていなければ利用できませんし
リノベーション物件などの融資がNGの銀行もあるからです。

「とくにありません。」と言われることもありますが、「○○銀行は△△という理由で利用できません。」と言われることもあります。

利用できない銀行のシミュレーションをしても意味がありません。

7.バッファーの重要性を理解しておく

住宅ローンのシミュレーションをして、返済計画を立てるかと思います。

しかし、

  • シミュレーションツールはあくまでも概算であること
  • 住宅ローン金利は融資実行時の金利が適用されること
  • インテリア代、リフォーム費用など想定外の支出がある可能性

を踏まえると、予算ピッタリの返済計画では行き詰ってしまう可能性があるのです。

多少のバッファー(猶予)を持って、返済計画を立てるシミュレーションが必要になります。

この記事が住宅ローン選びにプラスになったと思ったら「いいね」お願いします。

当サイト利用者実績のべ数
727万1706人

※ 自社調べ。運営歴8年
ファイナンシャルプランナー(FP)が運営

住宅ローン人気銀行ピックアップ   2023年2月最新情報

ランキングアイコン1位イオン銀行 住宅ローン
イオン銀行 住宅ローンのウェブサイト画像

変動金利、当初10年固定金利ともにネット銀行トップクラスの低金利。イオンでのお買い物が5年間5%OFFで最大22.5万円の割引に。自己資金は0円でも借り入れ可能。さらに最大300万円までの諸費用ローンありと利便性も高い

●変動金利(保証料、金利優遇込)
0.430%
0.430%(借り換え)
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)
1.440%
●金利以外の主要な負担費用(税込)
事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る

ランキングアイコン2位住信SBIネット銀行 住宅ローン
住信SBIネット銀行住宅ローンのウェブサイト画像

がん、心筋梗塞、脳卒中など全てのケガ・病気で就業不能状態になると、住宅ローン返済が免除される全疾病保障が無料付帯。変動金利、5年、10年当初固定金利も圧倒的な低金利。さらに女性の方には保険料無料でガン診断給付金付き

●変動金利(保証料、金利優遇込)
0.440%
0.428%(借り換え)
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)
1.660%
●金利以外の主要な負担費用(税込)
事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る


 

ランキングアイコン3位ソニー銀行 住宅ローン
ソニー銀行 住宅ローンのウェブサイト画像

ソニー銀行は変動金利が0.447%、頭金1割超で0.397%と業界最低水準の金利を実現。さらにオリコン満足度ランキングで4年連続1位を誇りサービスレベルの高さに定評。固定金利と変動金利の切替えが自由に何度も可能でリスク回避

●変動金利(保証料、金利優遇込)
0.447%
0.397%(新規購入&自己資金1割~)
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)

●金利以外の主要な負担費用
事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る

 

注目!住宅ローンピックアップ

注目!ソニー銀行の住宅ローン

  • 自己資金1割以上で業界最低水準の金利
  • がん50%保障特約付団信無料付帯
  • AIによる自動審査で最短60分スピード審査回答
  • 変動金利と固定金利を何度でも切り替え可能
  • 前月の15日前後には次月の金利を発表!金利タイプ切替に有利

●変動金利(保証料、金利優遇込) 0.447%
(新規購入&自己資金1割~の場合)0.397%
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)
●金利以外の主要な負担費用事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る

 

住宅ローン借り換えで人気の銀行ピックアップ

借り換えで人気の理由は「様々な不安に対応できる住宅ローン」

  • 事務手数料が他の銀行と比較して数十万円安い。借り換え負担が軽い
  • 家計が苦しいときに繰上返済した期間は元金返済を一旦休止できる
  • 要介護状態でも団信が適用。完済年齢が高齢になる場合に安心
  • 家事代行サービスや病児保育が最大50回分無料で利用ができる
●変動金利(保証料、優遇込) 0.420%
●金利以外の主要な負担費用 55,000円(税込)/安心パック(介護保障・コントロール返済)110,000円(税込)/安心パックW(家事代行・病児保育)165,000円(税込)/変動金利(半年型)タイプ<変動フォーカス>借入額の2.20%(税込)
商品詳細、口コミを見る
 

WEB申込・借り換え限定の特別金利プランが人気。金利は業界最低水準! 

  • WEB申込限定借り換えローンは当初10年固定が低金利
  • 大手都市銀行なのに保証料が無料で総返済額が安い
  • WEB申込後に店舗や住宅ローンプラザで相談できるので安心
●変動金利(保証料、優遇込) 0.430%
●当初10年固定金利(保証料、優遇込) 1.185%
●金利以外の主要な負担費用 事務手数料33,000円+借入額の2.20%
商品詳細、口コミを見る

フラット35借入中の方は「フラット35からフラット35への借り換え」もできる!
現在のフラット35金利より0.3%以上高い金利で借りてるなら返済額削減可能!

住宅ローンフラット35で人気の銀行ピックアップ

フラット35で人気の理由は「最低金利+事務手数料の安さ」

  • 事務手数料が他の銀行と比較して数十万円安い
  • 楽天銀行口座を返済口座にすると事務手数料が1.10%
  • 金利はフラット35取扱約340社の中で最低金利
●15年~20年固定金利(保証料、優遇込) 1.520%
→フラット35sなら当初10年間の金利 1.270%
●21年~35年固定金利(保証料、優遇込) 1.680%
→フラット35sなら当初10年間の金利 1.430%
●金利以外の主要な負担費用 事務手数料 借入額の1.43%(楽天銀行口座返済で1.10%)
商品詳細、口コミを見る
 

住宅ローン人気ランキング   2023年2月最新情報

順位銀行名変動金利
(保証料・優遇込)
当初10年
固定金利
(保証料・優遇込)
事務
手数料
(税込)
団信料メリット/独自サービス詳細
1位イオン銀行
イオン銀行住宅ローン
0.430%1.440%借入額の2.20%0円・イオンでの買い物5%OFF
・5年間で最大22.5万円分割引可能
詳細
2位住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行住宅ローン
0.440%
借換
0.428%
1.660%
借換
借入額の2.20%※10円・全疾病保障が無料付帯
・諸費用分も借入可能(金利0.05%上乗)
・女性限定ガン診断給付金特約無料
詳細
3位ソニー銀行
ソニー銀行住宅ローン
0.447%
新規+頭金1割
0.397%

新規+頭金1割
借入額の2.20%0円・固定と変動を何度でも切り替え可能
・がん50%保障特約付団信無料付帯
・翌月の金利を半月前に発表
・AIによる自動審査で最短60分スピード審査回答
詳細
4位りそな銀行
りそな銀行住宅ローン
※2023年2月適用金利
0.725%

借換
0.430%
1.440%

借換
1.185%
3.3万円(借換
+借入額
の2.20%)
0円

・銀行初!新しいタイプの団体信用生命保険付き住宅ローン「団信革命」
借り換えなら保証料お客様負担0円に
※WEB受付は借りかえローンのみです。

詳細
56位東京スター銀行
>東京スター銀行住宅ローン
0.750%~1.250%1.600%~2.100%

借入額の2.20%

0円

・入院保険が無料付帯
・普通預金金利優遇

詳細
6位SBI新生銀行
SBI新生銀行住宅ローン
0.420%-

借入額の2.20%

0円・リフォーム資金も同金利で借入可能詳細
7位カブドットコム証券(銀行代理業)
kabucom
借入額の2.20%0円・三菱UFJ銀行の低金利
・保証料不要ネット専用住宅ローンを代理販売
詳細
8位みずほ銀行
みずほ銀行住宅ローン
0.575%~0.875%
借換
0.575%~0.875%
1.600%~1.900%
借換
1.600%~1.900%
3.3万円0円

・メガバンクの安心
ネットから借り換え申込みでネット銀行並の金利
・来店不要で契約まで可能

詳細
9位楽天銀行
楽天銀行住宅ローン
0.539%~1.189%1.727%~2.377%33万円0円

・事務手数料330,000円
審査が通りやすい
・事前審査最短翌日回答
全疾病保障無料付帯

詳細
10位三菱UFJ銀行
三菱UFJ銀行住宅ローン
0.675%3.3万円0円・メガバンクの安心詳細
11位三井住友銀行
三井住友銀行住宅ローン
0.675%~0.925%1.340%3.3万円0円・メガバンクの安心詳細

住宅ローンフラット35人気ランキング   2023年2月最新情報

順位銀行名15年~20年金利21年~35年金利事務
手数料
(税込)
団信料メリット/独自サービス詳細
1位住信SBIネット銀行
フラット35(買取型)
sbi
1.520%1.680%借入額の1.10%約200万円

・事務手数料1.10%
・事務手数料に0.5%上乗せで「全疾病保障」付帯。3000万円ならたった15万円(税別)

・事前審査結果は3営業日以内に通知

詳細
2位楽天銀行
フラット35
楽天銀行住宅ローン
1.520%1.680%借入額の1.43%約200万円・事務手数料が安い
・楽天銀行口座返済で事務手数料1.10%
詳細
3位ARUHI
フラット35
ARUHI住宅ローン
1.520%1.680%借入額の2.20%約200万円・圧倒的な審査スピード
・本審査は最短3営業日
・フラット35実績No.1
詳細

トップ 住宅ローン解説 基礎知識 計算方法と相場 住宅ローンシミュレーションの注意点。見当違いの試算結果で住宅ローンを選ばないために

住宅ローン最新動向レポート

article thumbnail

住宅ローン金利動向 2019年9月レポート 住宅ローンの金利動向・金利推移をまとめた毎月のレポートです。住宅ローンを検討している方は参考にしていただければ幸いです。

    住宅ローンの種類

    住宅ローンの審査

    住宅ローンの達人技

    徹底比較!どっちがお得

    住宅ローンサービス分析

    住宅ローンアンケート調査

    article thumbnail

    住宅ローンにも県民性は出てくるのか? 住宅ローン選びにも、地方ごとの特色というのは出てくるのでしょうか?東京の人と北海道 [ ... ]

    教えて住宅ローンQ&A

    article thumbnail

    会社経営をしていて借入が1000万円ある場合、住宅ローンの審査は通りにくいのでしょうか? Q.会社経営をしていて、かつその法人で1 [ ... ]

    新規借入/借換えシミュレーション