住宅ローンを比較分析。人気の住宅ローン選び

重要度が増している住宅ローン審査項目

重要度が増している住宅ローン審査項目

住宅ローンの審査で重視される項目というのは、何年も同じものが続くわけではありません。社会情勢や政治、経済状況、住宅市場の動向や銀行の経営状況など様々な要素で変動しているものなのです。ここでは、2014年3月に発表された国土交通省の「民間住宅ローンの実態に関する調査」から重要度が高まっている審査項目について解説していきたいと思います。

2011年と2013年の審査項目の重要度の変化

重要度審査項目回答数2013年2011年増減
1完済時年齢126299.1%99.3%-0.2%
2借入時年齢124197.5%97.5%0.0%
3返済負担率123797.2%97.3%-0.1%
4勤続年数122996.5%96.0%0.5%
5年収122596.2%95.8%0.4%
6担保評価122596.2%95.0%1.3%
7健康状態120794.8%90.5%4.8%
8融資可能額(融資率)①購入の場合117492.2%92.4%-0.2%
9融資可能額(融資率)②借換えの場合116691.6%92.0%-0.4%
10金融機関の営業エリア115590.7%88.1%3.0%
11連帯保証115590.7%88.1%3.0%
12カードローン等の他の債務の状況や返済履歴111287.4%91.6%-4.6%
13雇用形態96675.9%71.3%6.5%
14申込人との取引状況79062.1%65.1%-4.6%
15国籍76059.7%54.9%8.7%
16業種52741.4%41.7%-0.7%
17雇用先の規模42933.7%29.7%13.5%
18家族構成36228.4%27.3%4.0%
19所有資産32125.2%26.1%-3.4%
20性別25520.0%20.9%-4.3%
21その他13410.5%11.7%-10.3%

出典:民間住宅ローンの実態に関する調査
調査主体:国土交通省
調査対象:住宅資金貸出の実績のある民間金融機関1386社

重要度が高まっている審査項目

1.雇用先の規模

雇用先の規模は住宅ローン審査には大きな影響はないと考えられていました。実際に2011年のアンケート結果では29.7%と重要度でいえば他の項目に対してかなり低い数字と言っていいでしょう。しかし、2013年度のアンケート調査では33.7%とわずかながら上昇しています。

2.雇用形態

雇用形態も2011年の71.3%から75.9%へ重要度が高まっています。

上記の2つの審査における重要度上昇の背景にあるのは、「低金利競争の激化」と「融資率の上昇」です。ここ2年間でも住宅ローン金利は低い水準を保ちながら、変動金利だけを見ても0.2%ほど下がっているのです。

銀行は金利水準を引き下げないと競争に勝てず住宅ローン利用者を獲得できない反面、金利が低くなれば銀行の利益が減ってしまうため、審査を厳しくする必要がある形になっているのです。担保評価額に対しての融資率の上昇も金利低下と同じく100%以上の頭金ゼロで融資する銀行が増えてきたため、横並びにしないと住宅ローンの利用者の獲得が難しくなり、低金利化と同様に貸し倒れリスクが上がっている状況になっているのです。

では、審査を厳しくして貸し倒れ(デフォルト)になるリスクを軽減するためにどうするのか?というと「収入の安定性」をより厳密にチェックしていこうということになるのです。

「収入の安定性」を判断するときに重要になるのが「勤務先企業の規模(安定度)」と「雇用形態(正社員、派遣社員、契約社員・・・)」なのです。企業規模が大きければ会社が倒産するリスクは少ないですし、退職したとしても転職がしやすいという状況があります。また、正社員であれば安定した収入が得られると判断されるからです。

その結果、「勤務先企業の規模(安定度)」と「雇用形態(正社員、派遣社員、契約社員・・・)」の審査における重要度が高まっているのです。

3.借入比率(借入額/担保評価額)

また、内訳をみてみると担保評価額に対してのローンの借入額の割合である借入比率(融資率)の割合でも変化があります。

借入比率 2013年 2011年
①80%以内 29.2% 24.2%
②90%以内 1.5% 2.4%
③100%以内 51.0% 55.9%
④110%以内 3.0% 2.9%
⑤120%以内 1.4% 1.2%
⑥150%以内 0.5% 0.7%
⑦その他 13.5% 12.6%

2011年は80%以内と回答した割合が24.2%だったのに対して、2013年は29.2%と5ポイントも上昇しているのです。頭金ゼロでも借りられる住宅ローンという名目で借入比率100%の住宅ローンが増えている中、審査では逆に頭金をどれだけ用意できるのか?の重要度が増しているという結果になっています。

審査が緩くなっている項目

1.返済負担率

返済負担率の数値は上記の表で比較すると2011年97.3%、2013年97.2%とほぼ変化はありません。しかし、内訳をみてみると大きな違いがあることがわかります。

返済負担率 2013年 2011年
①50%以内 0.5% 1.2%
②45%以内 47.3% 6.0%
③40%以内 10.2% 23.8%
④35%以内 18.5% 28.6%
⑤30%以内 9.3% 17.9%
⑥20%以内 2.9% 13.1%
⑦その他 11.2% 9.5%

2011年では返済負担率(収入に対してローン返済の割合)が35%以内という回答が一番多く全体の28.6%を占めていました。しかし、2013年では45%以内という回答が一番多く全体の47.3%を占める形に大きく変化しているのです。

これは長く続く不景気の影響で銀行の住宅ローンのターゲットも低年収の方が増えてきているということが挙げられます。その一方、頭金ゼロでの借り入れを可能にする住宅ローンが増え、ローン返済の割合というのが高まっているのです。

返済負担率の平均値は22%~23%なので、ほぼ倍の45%以内でも審査に通るということは、返済負担率に対する審査のハードルは非常に下がっているということを意味しています。

まとめ

この調査結果の比較からわかることは、住宅ローン審査の金利が低金利の状態が続いているため、審査は比較的厳しくなっていて、とくに収入の安定度の重要性が増しているということなのです。会社の規模、役職、職種、勤続年数など安定性の高い人の方が審査に通りやすい環境になっています。一方、返済負担率などは重要ではあるもののハードルは低くなっており、年収200万~300万円の方でも十分に審査に通る可能性は高まっているのです。住宅ローン審査に落ちたという場合は、頭金を多く用意することで審査に通る可能性が高まると言って良いでしょう。

 

この記事が住宅ローン選びにプラスになったと思ったら「いいね」お願いします。

当サイト利用者実績のべ数
727万1706人

※ 自社調べ。運営歴8年
ファイナンシャルプランナー(FP)が運営

住宅ローン人気銀行ピックアップ   2023年2月最新情報

ランキングアイコン1位イオン銀行 住宅ローン
イオン銀行 住宅ローンのウェブサイト画像

変動金利、当初10年固定金利ともにネット銀行トップクラスの低金利。イオンでのお買い物が5年間5%OFFで最大22.5万円の割引に。自己資金は0円でも借り入れ可能。さらに最大300万円までの諸費用ローンありと利便性も高い

●変動金利(保証料、金利優遇込)
0.430%
0.430%(借り換え)
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)
1.440%
●金利以外の主要な負担費用(税込)
事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る

ランキングアイコン2位住信SBIネット銀行 住宅ローン
住信SBIネット銀行住宅ローンのウェブサイト画像

がん、心筋梗塞、脳卒中など全てのケガ・病気で就業不能状態になると、住宅ローン返済が免除される全疾病保障が無料付帯。変動金利、5年、10年当初固定金利も圧倒的な低金利。さらに女性の方には保険料無料でガン診断給付金付き

●変動金利(保証料、金利優遇込)
0.440%
0.428%(借り換え)
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)
1.660%
●金利以外の主要な負担費用(税込)
事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る


 

ランキングアイコン3位ソニー銀行 住宅ローン
ソニー銀行 住宅ローンのウェブサイト画像

ソニー銀行は変動金利が0.447%、頭金1割超で0.397%と業界最低水準の金利を実現。さらにオリコン満足度ランキングで4年連続1位を誇りサービスレベルの高さに定評。固定金利と変動金利の切替えが自由に何度も可能でリスク回避

●変動金利(保証料、金利優遇込)
0.447%
0.397%(新規購入&自己資金1割~)
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)

●金利以外の主要な負担費用
事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る

 

注目!住宅ローンピックアップ

注目!ソニー銀行の住宅ローン

  • 自己資金1割以上で業界最低水準の金利
  • がん50%保障特約付団信無料付帯
  • AIによる自動審査で最短60分スピード審査回答
  • 変動金利と固定金利を何度でも切り替え可能
  • 前月の15日前後には次月の金利を発表!金利タイプ切替に有利

●変動金利(保証料、金利優遇込) 0.447%
(新規購入&自己資金1割~の場合)0.397%
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)
●金利以外の主要な負担費用事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る

 

住宅ローン借り換えで人気の銀行ピックアップ

借り換えで人気の理由は「様々な不安に対応できる住宅ローン」

  • 事務手数料が他の銀行と比較して数十万円安い。借り換え負担が軽い
  • 家計が苦しいときに繰上返済した期間は元金返済を一旦休止できる
  • 要介護状態でも団信が適用。完済年齢が高齢になる場合に安心
  • 家事代行サービスや病児保育が最大50回分無料で利用ができる
●変動金利(保証料、優遇込) 0.420%
●金利以外の主要な負担費用 55,000円(税込)/安心パック(介護保障・コントロール返済)110,000円(税込)/安心パックW(家事代行・病児保育)165,000円(税込)/変動金利(半年型)タイプ<変動フォーカス>借入額の2.20%(税込)
商品詳細、口コミを見る
 

WEB申込・借り換え限定の特別金利プランが人気。金利は業界最低水準! 

  • WEB申込限定借り換えローンは当初10年固定が低金利
  • 大手都市銀行なのに保証料が無料で総返済額が安い
  • WEB申込後に店舗や住宅ローンプラザで相談できるので安心
●変動金利(保証料、優遇込) 0.430%
●当初10年固定金利(保証料、優遇込) 1.185%
●金利以外の主要な負担費用 事務手数料33,000円+借入額の2.20%
商品詳細、口コミを見る

フラット35借入中の方は「フラット35からフラット35への借り換え」もできる!
現在のフラット35金利より0.3%以上高い金利で借りてるなら返済額削減可能!

住宅ローンフラット35で人気の銀行ピックアップ

フラット35で人気の理由は「最低金利+事務手数料の安さ」

  • 事務手数料が他の銀行と比較して数十万円安い
  • 楽天銀行口座を返済口座にすると事務手数料が1.10%
  • 金利はフラット35取扱約340社の中で最低金利
●15年~20年固定金利(保証料、優遇込) 1.520%
→フラット35sなら当初10年間の金利 1.270%
●21年~35年固定金利(保証料、優遇込) 1.680%
→フラット35sなら当初10年間の金利 1.430%
●金利以外の主要な負担費用 事務手数料 借入額の1.43%(楽天銀行口座返済で1.10%)
商品詳細、口コミを見る
 

住宅ローン人気ランキング   2023年2月最新情報

順位銀行名変動金利
(保証料・優遇込)
当初10年
固定金利
(保証料・優遇込)
事務
手数料
(税込)
団信料メリット/独自サービス詳細
1位イオン銀行
イオン銀行住宅ローン
0.430%1.440%借入額の2.20%0円・イオンでの買い物5%OFF
・5年間で最大22.5万円分割引可能
詳細
2位住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行住宅ローン
0.440%
借換
0.428%
1.660%
借換
借入額の2.20%※10円・全疾病保障が無料付帯
・諸費用分も借入可能(金利0.05%上乗)
・女性限定ガン診断給付金特約無料
詳細
3位ソニー銀行
ソニー銀行住宅ローン
0.447%
新規+頭金1割
0.397%

新規+頭金1割
借入額の2.20%0円・固定と変動を何度でも切り替え可能
・がん50%保障特約付団信無料付帯
・翌月の金利を半月前に発表
・AIによる自動審査で最短60分スピード審査回答
詳細
4位りそな銀行
りそな銀行住宅ローン
※2023年2月適用金利
0.725%

借換
0.430%
1.440%

借換
1.185%
3.3万円(借換
+借入額
の2.20%)
0円

・銀行初!新しいタイプの団体信用生命保険付き住宅ローン「団信革命」
借り換えなら保証料お客様負担0円に
※WEB受付は借りかえローンのみです。

詳細
56位東京スター銀行
>東京スター銀行住宅ローン
0.750%~1.250%1.600%~2.100%

借入額の2.20%

0円

・入院保険が無料付帯
・普通預金金利優遇

詳細
6位SBI新生銀行
SBI新生銀行住宅ローン
0.420%-

借入額の2.20%

0円・リフォーム資金も同金利で借入可能詳細
7位カブドットコム証券(銀行代理業)
kabucom
借入額の2.20%0円・三菱UFJ銀行の低金利
・保証料不要ネット専用住宅ローンを代理販売
詳細
8位みずほ銀行
みずほ銀行住宅ローン
0.575%~0.875%
借換
0.575%~0.875%
1.600%~1.900%
借換
1.600%~1.900%
3.3万円0円

・メガバンクの安心
ネットから借り換え申込みでネット銀行並の金利
・来店不要で契約まで可能

詳細
9位楽天銀行
楽天銀行住宅ローン
0.539%~1.189%1.727%~2.377%33万円0円

・事務手数料330,000円
審査が通りやすい
・事前審査最短翌日回答
全疾病保障無料付帯

詳細
10位三菱UFJ銀行
三菱UFJ銀行住宅ローン
0.675%3.3万円0円・メガバンクの安心詳細
11位三井住友銀行
三井住友銀行住宅ローン
0.675%~0.925%1.340%3.3万円0円・メガバンクの安心詳細

住宅ローンフラット35人気ランキング   2023年2月最新情報

順位銀行名15年~20年金利21年~35年金利事務
手数料
(税込)
団信料メリット/独自サービス詳細
1位住信SBIネット銀行
フラット35(買取型)
sbi
1.520%1.680%借入額の1.10%約200万円

・事務手数料1.10%
・事務手数料に0.5%上乗せで「全疾病保障」付帯。3000万円ならたった15万円(税別)

・事前審査結果は3営業日以内に通知

詳細
2位楽天銀行
フラット35
楽天銀行住宅ローン
1.520%1.680%借入額の1.43%約200万円・事務手数料が安い
・楽天銀行口座返済で事務手数料1.10%
詳細
3位ARUHI
フラット35
ARUHI住宅ローン
1.520%1.680%借入額の2.20%約200万円・圧倒的な審査スピード
・本審査は最短3営業日
・フラット35実績No.1
詳細

トップ 住宅ローン解説 プロが教える住宅ローン 審査 重要度が増している住宅ローン審査項目

住宅ローン最新動向レポート

article thumbnail

住宅ローン金利動向 2019年9月レポート 住宅ローンの金利動向・金利推移をまとめた毎月のレポートです。住宅ローンを検討している方は参考にしていただければ幸いです。

    住宅ローンの種類

    住宅ローンの審査

    住宅ローンの達人技

    徹底比較!どっちがお得

    住宅ローンサービス分析

    住宅ローンアンケート調査

    article thumbnail

    住宅ローンにも県民性は出てくるのか? 住宅ローン選びにも、地方ごとの特色というのは出てくるのでしょうか?東京の人と北海道 [ ... ]

    教えて住宅ローンQ&A

    article thumbnail

    会社経営をしていて借入が1000万円ある場合、住宅ローンの審査は通りにくいのでしょうか? Q.会社経営をしていて、かつその法人で1 [ ... ]

    新規借入/借換えシミュレーション