住宅ローンを比較分析。人気の住宅ローン選び

住宅ローンの厳しい審査

住宅ローンには厳しい審査がある?

住宅口-ンについて、あまり調べていない人のなかには、銀行に行って「住宅ローンを貸してください。」とお願いすれば簡単に借りられるものと考えている方が少なくありません。

今、あなたがそう考えているなら、住宅ローンを借りるのは「思った以上に難しい」と考える必要があります。

住宅ローン審査が厳しい理由とは?

融資額が大きいから

です。

都内のマンションだとすれば、どんなに安くても3000万円以上の価格はしてしまいます。

3000万円の融資をして、返済ができない場合は、銀行は担保にしているマンションを売却することで回収を目指しますが、100%回収できるケースは少ないのです。

実際には、保証会社が保証して銀行に代位弁済(代わりに返済)するため、銀行が貸し倒れリスクを負うわけではありませんが、住宅ローン審査では保証会社も審査をするので、審査が厳しいことには変わりがないのです。

貸し倒れが1件発生しただけでも、数千万円の損失になるのですから、銀行も、保証会社も、審査が厳しくなるのは当然なのです。

ちなみに住宅ローンの売買契約を締結した後に、住宅ローン審査に落ちた場合には契約は白紙になります。これは「ローン特約」というものです。住宅販売のチラシに「キャンセル物件」と入っていた場合には、前に契約した方が住宅ローン審査に通らなかった物件であると考えて良いでしょう。

金融機関が見ている審査条件 

詳しくはこちらを見てください。

http://isolf.com/tatujin/shinsamatome/340-shinsa4

返済負担率

住宅ローン審査で重要視される項目に「返済負担率」というものがあります。

返済負担率 = ローン返済額 / 手取り収入

で計算されます。「収入の中でどのくらいの割合をローン返済に回すことになるのか?」を知る指標と言えます。

目安は35%以内でないと、住宅ローン審査に落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。

完済時年齢/借入時年齢

年齢も大きな要素となってきます。例えば、50歳で35年ローンを組むということになれば、完済時年齢は85歳になってしまいます。日本の定年が60歳~65歳なのですから、「住宅ローンの返済は年金でするのか?」という話になってしまいます。

完済時年齢が70歳、80歳になってしまうと今まで通りの収入が期待できなくなってしまうため、借り入れが難しくなるのです。

勤続年数

最近ではそれほど重視されなくなってきましたが「勤続年数」も重要な指標になります。

終身雇用がなくなりつつある現代だからこそ

勤続年数が長い

 = すぐに会社を辞めない人

 = ある程度の役職に出世している、出世する可能性がある人

 = 安定した収入がある人

と判断され、住宅ローン審査は通りやすくなるのです。

個人信用情報

個人信用情報というのは、金融機関同士で顧客の金融商品の利用状況を共有する情報ネットワークのことを言います。

クレジットカードやカードローン、割賦契約の携帯電話、wifiなどを利用した場合には、金融機関が信用情報機関のネットワークに顧客の情報を入力するので、どの銀行で住宅ローンを申込んだとしても、その時点の他の金融サービスの利用状況がわかってしまうのです。

  • 返済事故を起こしている
  • 返済遅延が年2回以上ある
  • 借入額が多い
  • 借入件数が多い

と住宅ローン審査にも、通らなくなってしまうのです。

勤務先/職種

勤務先情報も考慮されます。大手企業の方が住宅ローン審査にプラスの評価になることは言うまでもありません。

ただし、正社員であれば中小企業でも、それほど住宅ローン審査にマイナスの影響はありません。

銀行や保証会社が敬遠するのは「自営業、経営者、日雇、派遣社員」などです。

住宅ローン審査で重要視されるのは

高額な収入ではなく、安定した(継続する)収入です。

年収1000万円の経営者よりも、年収400万円でも中堅以上の企業の正社員の方が審査の評価が良いのです。

経営者や自営業の場合は、今年は良くても、来年ダメになる可能性が高い分、住宅ローン審査の評価は厳しくなってしまうのです。

健康状態

民間銀行の住宅ローンでは「団信(団体信用生命保険)」の加入は「義務」です。団信というのは、生命保険の一種で住宅ローンの契約者が死亡した場合にローン残債を保険金で支払うものです。生命保険に加入するときと同様に健康状態の審査が入るのです。団信の審査に通らない健康状態の場合は、住宅ローンも借りることができないのです。

 

住宅ローンの審査基準グラフ

sinsa

平成23年度 民間住宅ローンの貸出し動向調査結果 住宅金融支援機構

住宅ローンを借りれないケース

年収に対する毎月返済額を返済負担率といいます。これが規定をオーバーすると、まず審査は通りません。車のローンなど別のローンを返済中ならその返済額も合計した金額で判断されるので、その分住宅ローンの毎月返済額を少なめにしなければなりません。

フラット35には、融資の対象となる物件の品質について細かな基準が設けられています。これをクリアしなければ利用できません。また、万が一の死亡や病気で返済が滞っては困るので、民間のローンを借りる場合は、団体信用生命保険に加入することが義務づけられています。したがって、健康上の理由から保険に加入できない人は、民間の住宅ローンを利用することは難しいでしょう。なお、転職して日が浅い人は、安定して返済されるかがわからないため、審査に通りにくくなっています。

住宅ローン審査の詳細はこちら

住宅ローンの審査を通るために必要なこと

1.頭金を用意すること

今では、住宅ローンというものは、1円の貯金がなくても「諸費用ローン」と「購入価格の100%借入」の組み合わせ技で利用することが可能になっています。しかし、頭金が少ないということは銀行から見た貸し倒れリスクも高くなるということになります。貯金がない場合は、すぐに住宅ローン利用をするのではなく、物件価格の1割程度でも頭金が貯まるまでは我慢するようにしましょう。

貯金があるのに不安だからといって100%借り入れをする方もいますが、これは本末転倒です。貯金の利息と比較すれば住宅ローン金利は非常に高いため、借入額を減らしておいた方が得策なるのです。

2.複数の住宅ローンに申込むこと

住宅ローンの審査というのは、銀行にとっては最重要機密事項なのです。そのため、銀行の住宅ローン審査の内容が外に漏れることというのはめったにありません。そのため、大枠の審査条件は各銀行とも同じなのですが、その中で何を重要視するか、同点数付けをするかなどは銀行によってバラバラなのです。

住宅ローンは1社にしか申し込んでいけないというルールはないため、はじめから数社に並行して申込みをして本審査が通った住宅ローンのなかから一番条件の良いものを探すという流れで問題ないのです。

3.借入期間を短くする

住宅ローン審査の重要項目に「完済時年齢」というものがありますが、例えば、「70歳で完済するといっても、本当に払えるの?」と銀行は考えてしまいます。完済時年齢は若ければ若い方が、銀行の貸し倒れリスクは下がることになり、審査に通りやすくなるのです。毎月の返済負担は大きくなっても、審査が不安であれば借入年数を短くするという方法もあるのです。

 

 

この記事が住宅ローン選びにプラスになったと思ったら「いいね」お願いします。

当サイト利用者実績のべ数
727万1706人

※ 自社調べ。運営歴8年
ファイナンシャルプランナー(FP)が運営

住宅ローン人気銀行ピックアップ   2023年2月最新情報

ランキングアイコン1位イオン銀行 住宅ローン
イオン銀行 住宅ローンのウェブサイト画像

変動金利、当初10年固定金利ともにネット銀行トップクラスの低金利。イオンでのお買い物が5年間5%OFFで最大22.5万円の割引に。自己資金は0円でも借り入れ可能。さらに最大300万円までの諸費用ローンありと利便性も高い

●変動金利(保証料、金利優遇込)
0.430%
0.430%(借り換え)
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)
1.440%
●金利以外の主要な負担費用(税込)
事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る

ランキングアイコン2位住信SBIネット銀行 住宅ローン
住信SBIネット銀行住宅ローンのウェブサイト画像

がん、心筋梗塞、脳卒中など全てのケガ・病気で就業不能状態になると、住宅ローン返済が免除される全疾病保障が無料付帯。変動金利、5年、10年当初固定金利も圧倒的な低金利。さらに女性の方には保険料無料でガン診断給付金付き

●変動金利(保証料、金利優遇込)
0.440%
0.428%(借り換え)
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)
1.660%
●金利以外の主要な負担費用(税込)
事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る


 

ランキングアイコン3位ソニー銀行 住宅ローン
ソニー銀行 住宅ローンのウェブサイト画像

ソニー銀行は変動金利が0.447%、頭金1割超で0.397%と業界最低水準の金利を実現。さらにオリコン満足度ランキングで4年連続1位を誇りサービスレベルの高さに定評。固定金利と変動金利の切替えが自由に何度も可能でリスク回避

●変動金利(保証料、金利優遇込)
0.447%
0.397%(新規購入&自己資金1割~)
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)

●金利以外の主要な負担費用
事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る

 

注目!住宅ローンピックアップ

注目!ソニー銀行の住宅ローン

  • 自己資金1割以上で業界最低水準の金利
  • がん50%保障特約付団信無料付帯
  • AIによる自動審査で最短60分スピード審査回答
  • 変動金利と固定金利を何度でも切り替え可能
  • 前月の15日前後には次月の金利を発表!金利タイプ切替に有利

●変動金利(保証料、金利優遇込) 0.447%
(新規購入&自己資金1割~の場合)0.397%
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)
●金利以外の主要な負担費用事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る

 

住宅ローン借り換えで人気の銀行ピックアップ

借り換えで人気の理由は「様々な不安に対応できる住宅ローン」

  • 事務手数料が他の銀行と比較して数十万円安い。借り換え負担が軽い
  • 家計が苦しいときに繰上返済した期間は元金返済を一旦休止できる
  • 要介護状態でも団信が適用。完済年齢が高齢になる場合に安心
  • 家事代行サービスや病児保育が最大50回分無料で利用ができる
●変動金利(保証料、優遇込) 0.420%
●金利以外の主要な負担費用 55,000円(税込)/安心パック(介護保障・コントロール返済)110,000円(税込)/安心パックW(家事代行・病児保育)165,000円(税込)/変動金利(半年型)タイプ<変動フォーカス>借入額の2.20%(税込)
商品詳細、口コミを見る
 

WEB申込・借り換え限定の特別金利プランが人気。金利は業界最低水準! 

  • WEB申込限定借り換えローンは当初10年固定が低金利
  • 大手都市銀行なのに保証料が無料で総返済額が安い
  • WEB申込後に店舗や住宅ローンプラザで相談できるので安心
●変動金利(保証料、優遇込) 0.430%
●当初10年固定金利(保証料、優遇込) 1.185%
●金利以外の主要な負担費用 事務手数料33,000円+借入額の2.20%
商品詳細、口コミを見る

フラット35借入中の方は「フラット35からフラット35への借り換え」もできる!
現在のフラット35金利より0.3%以上高い金利で借りてるなら返済額削減可能!

住宅ローンフラット35で人気の銀行ピックアップ

フラット35で人気の理由は「最低金利+事務手数料の安さ」

  • 事務手数料が他の銀行と比較して数十万円安い
  • 楽天銀行口座を返済口座にすると事務手数料が1.10%
  • 金利はフラット35取扱約340社の中で最低金利
●15年~20年固定金利(保証料、優遇込) 1.520%
→フラット35sなら当初10年間の金利 1.270%
●21年~35年固定金利(保証料、優遇込) 1.680%
→フラット35sなら当初10年間の金利 1.430%
●金利以外の主要な負担費用 事務手数料 借入額の1.43%(楽天銀行口座返済で1.10%)
商品詳細、口コミを見る
 

住宅ローン人気ランキング   2023年2月最新情報

順位銀行名変動金利
(保証料・優遇込)
当初10年
固定金利
(保証料・優遇込)
事務
手数料
(税込)
団信料メリット/独自サービス詳細
1位イオン銀行
イオン銀行住宅ローン
0.430%1.440%借入額の2.20%0円・イオンでの買い物5%OFF
・5年間で最大22.5万円分割引可能
詳細
2位住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行住宅ローン
0.440%
借換
0.428%
1.660%
借換
借入額の2.20%※10円・全疾病保障が無料付帯
・諸費用分も借入可能(金利0.05%上乗)
・女性限定ガン診断給付金特約無料
詳細
3位ソニー銀行
ソニー銀行住宅ローン
0.447%
新規+頭金1割
0.397%

新規+頭金1割
借入額の2.20%0円・固定と変動を何度でも切り替え可能
・がん50%保障特約付団信無料付帯
・翌月の金利を半月前に発表
・AIによる自動審査で最短60分スピード審査回答
詳細
4位りそな銀行
りそな銀行住宅ローン
※2023年2月適用金利
0.725%

借換
0.430%
1.440%

借換
1.185%
3.3万円(借換
+借入額
の2.20%)
0円

・銀行初!新しいタイプの団体信用生命保険付き住宅ローン「団信革命」
借り換えなら保証料お客様負担0円に
※WEB受付は借りかえローンのみです。

詳細
56位東京スター銀行
>東京スター銀行住宅ローン
0.750%~1.250%1.600%~2.100%

借入額の2.20%

0円

・入院保険が無料付帯
・普通預金金利優遇

詳細
6位SBI新生銀行
SBI新生銀行住宅ローン
0.420%-

借入額の2.20%

0円・リフォーム資金も同金利で借入可能詳細
7位カブドットコム証券(銀行代理業)
kabucom
借入額の2.20%0円・三菱UFJ銀行の低金利
・保証料不要ネット専用住宅ローンを代理販売
詳細
8位みずほ銀行
みずほ銀行住宅ローン
0.575%~0.875%
借換
0.575%~0.875%
1.600%~1.900%
借換
1.600%~1.900%
3.3万円0円

・メガバンクの安心
ネットから借り換え申込みでネット銀行並の金利
・来店不要で契約まで可能

詳細
9位楽天銀行
楽天銀行住宅ローン
0.539%~1.189%1.727%~2.377%33万円0円

・事務手数料330,000円
審査が通りやすい
・事前審査最短翌日回答
全疾病保障無料付帯

詳細
10位三菱UFJ銀行
三菱UFJ銀行住宅ローン
0.675%3.3万円0円・メガバンクの安心詳細
11位三井住友銀行
三井住友銀行住宅ローン
0.675%~0.925%1.340%3.3万円0円・メガバンクの安心詳細

住宅ローンフラット35人気ランキング   2023年2月最新情報

順位銀行名15年~20年金利21年~35年金利事務
手数料
(税込)
団信料メリット/独自サービス詳細
1位住信SBIネット銀行
フラット35(買取型)
sbi
1.520%1.680%借入額の1.10%約200万円

・事務手数料1.10%
・事務手数料に0.5%上乗せで「全疾病保障」付帯。3000万円ならたった15万円(税別)

・事前審査結果は3営業日以内に通知

詳細
2位楽天銀行
フラット35
楽天銀行住宅ローン
1.520%1.680%借入額の1.43%約200万円・事務手数料が安い
・楽天銀行口座返済で事務手数料1.10%
詳細
3位ARUHI
フラット35
ARUHI住宅ローン
1.520%1.680%借入額の2.20%約200万円・圧倒的な審査スピード
・本審査は最短3営業日
・フラット35実績No.1
詳細

住宅ローン最新動向レポート

article thumbnail

住宅ローン金利動向 2019年9月レポート 住宅ローンの金利動向・金利推移をまとめた毎月のレポートです。住宅ローンを検討している方は参考にしていただければ幸いです。

    住宅ローンの種類

    住宅ローンの審査

    住宅ローンの達人技

    徹底比較!どっちがお得

    住宅ローンサービス分析

    住宅ローンアンケート調査

    article thumbnail

    住宅ローンにも県民性は出てくるのか? 住宅ローン選びにも、地方ごとの特色というのは出てくるのでしょうか?東京の人と北海道 [ ... ]

    教えて住宅ローンQ&A

    article thumbnail

    会社経営をしていて借入が1000万円ある場合、住宅ローンの審査は通りにくいのでしょうか? Q.会社経営をしていて、かつその法人で1 [ ... ]

    新規借入/借換えシミュレーション