住宅ローンを比較分析。人気の住宅ローン選び

住宅ローンの火災保険は一括見積で安くする

住宅ローンの火災保険は一括見積で安くする

住宅ローンを利用する際に火災保険はどうやって入るものなのでしょうか?多くの方は住宅ローンの契約時にいわれるがままに銀行の提示してきた火災保険に入ってしまうのではないでしょうか。しかし、銀行からすすめられる火災保険の保険料が安いかはわからないのです。

銀行がすすめる火災保険が好条件とは限らない

fire128 128どうしても、住宅ローンで数多くの書類を作成することが多い為、その一連の流れで銀行のいわれるがままに火災保険の契約書にサインする方が少なくないようです。

しかし、銀行がすすめる火災保険が好条件かどうか?はわかりません。

火災保険は、火災だけではなく、落雷、破裂、風采、水災、盗難、汚損・・・など様々な補償が選べる保険ですが、これも銀行のいわれるままに加入してしまうと、本当に必要な補償になっているのか?無駄な補償はないのか?わからないのです。

つまり、銀行が提示する火災保険をそのまま鵜呑みにするのではなく、自分で火災保険を複数社に見積もりを取って比較検討した方が、保険料が安い、補償が手厚い火災保険を見つけられる可能性が増えるのです。

火災保険は、今後30年以上加入することが多い、長い付き合いの保険なのでできるだけ保険料が安い、多くの補償を持っている火災保険を選ぶべきなのです。

火災保険は保険会社によって、保険料も、補償内容も変わってくる

多くの方が誤解しているのがこのポイントです。火災保険も住宅ローンや生命保険と同じように、販売している損害保険会社によって、補償内容も、保険金額も、大きく差が出てくるものなのです。

火災保険の基本補償は下記のようなものがあります。

補償範囲補償内容
火災失火、もらい火、放火などによる火災の損害を補償
落雷落雷による損害を補償
破裂・爆発ガス漏れなどによる破裂・爆発の損害を補償
風災・ひょう災・雪災風災・ひょう災・雪災の損害を補償(洪水、高潮等を除く)
水災台風や豪雨等による洪水などの水災の損害を補償(地震による津波を除く)
建物外部からの物体の落下・飛来・衝突自動車の飛び込みなどによる損害を補償
漏水などによる水ぬれ給排水設備の事故や他人の戸室で生じた事故に伴う漏水による水ぬれ損害を補償
騒擾(そうじょう)・集団行動等に伴う暴力行為集団行動などに伴う暴力行為・破壊行為による損害を補償
盗難による盗取・損傷・汚損盗難による盗取(とうしゅ)や損傷・汚損などの損害を補償
不測かつ突発的な事故(破損・汚損)

誤って自宅の壁を壊した場合などの偶然な事故による損害を補償

保険料が安い火災保険の場合は、盗難や破損、汚染、水災、水濡れなどが基本補償から外されている場合もあるのです。

火災保険は、火災はもちろんですが、地震以外のほとんどの災害に対応できる「住まいの総合保険」と言われているものです。せっかく、それだけの補償があり、安心して暮らせるメリットがあるのですから、火災保険を決めるときの手間を惜しんで、補償が不十分の火災保険を選ぶ必要はありません。

火災保険比較のポイント

銀行が指定する火災保険に入る必要はない

銀行がすすめる火災保険に加入しなくても、住宅ローンの審査で不利になることはありません。

金融庁は保険業法にて「抱き合わせ販売その他の影響力を行使した販売の禁止(保険業法施行規則第234条第6号)」というものを規制しています。銀行は保険に加入しなかったからと言って、審査を不利にしたりすることはできないのです。

一点注意すべき点として、「所定の条件を満たす火災保険へ加入すること」を住宅ローンの融資条件にしているケースがあります。この場合は、銀行が定める条件の中で火災保険を選ぶ必要があります。ただし、このときも銀行がすすめる火災保険に入る必要はありません。

銀行は同じグループ会社の保険会社の火災保険をすすめてくるのです。同じグループの商品をすすめるのは経営としては当然のことですが、それが住宅ローン利用者にとって最良とは限らないのです。銀行からすすめられた火災保険が良いのかどうかも、複数の火災保険を比較検討してはじめてわかると言えるでしょう。

火災保険のおすすめの選び方

火災保険というのは、取り扱っている保険会社も大手を含めて10社程度しかありません。

つまり、おすすめの選び方は、同じ条件で主要な10社の火災保険を取り扱っている保険会社が見積もりを取得し、比較検討したうえで、いちばん保険料の安くて、補償の手厚い火災保険を選べば良いだけです。

主要な保険会社の商品をすべて比較すれば、その中で相場観もわかりますし、補償の違いも把握できます。保険料の安い保険会社も一目瞭然になるのです。

10社に個別に申込むのが面倒という方には、一括見積もりサービスをおすすめします。

1分ほど火災保険の見積もり条件を入力すると、それで当日~3営業日ぐらいのスピードで10社以上の火災保険の見積もりを提示してくれるサービスです。利用者ℤも年間10万人以上と高い信頼性があるため、安心して利用できます。

火災保険一括見積もり「価格.com」

  • 大手の保険会社12社へ一括見積もり
  • 利用者数は年間10万超
  • 当日~3営業日ぐらいのスピード返答

kakakucom1
火災保険一括見積もり「価格.com」はこちら

この記事が住宅ローン選びにプラスになったと思ったら「いいね」お願いします。

当サイト利用者実績のべ数
611万337人

※2017年7月時点 自社調べ。運営歴7年
ファイナンシャルプランナー(FP)が運営

住宅ローン人気銀行ピックアップ   2017年7月最新情報

ランキングアイコン1位イオン銀行 住宅ローン
イオン銀行 住宅ローンのウェブサイト画像

変動金利、当初10年固定金利ともにネット銀行トップクラスの低金利。イオンでのお買い物が5年間5%OFFで最大22.5万円の割引に。自己資金は0円でも借り入れ可能。さらに最大300万円までの諸費用ローンありと利便性も高い

●変動金利(保証料、金利優遇込)
0.570%
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)
0.690%
●金利以外の主要な負担費用
事務手数料
借入額の2.16%

商品詳細、口コミを見る

ランキングアイコン2位住信SBIネット銀行 住宅ローン
住信SBIネット銀行住宅ローンのウェブサイト画像

がん、心筋梗塞、脳卒中など全てのケガ・病気で就業不能状態になると、住宅ローン返済が免除される全疾病保障が無料付帯。変動金利、5年、10年当初固定金利も圧倒的な低金利。さらに女性の方には保険料無料でガン診断給付金付き

●変動金利(保証料、金利優遇込)
0.444%
0.444%(自己資金2割)
0.444%(借り換え)
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)
0.660%
●金利以外の主要な負担費用
事務手数料
借入額の2.16%
※1
商品詳細、口コミを見る

ランキングアイコン3位じぶん銀行 住宅ローン
じぶん銀行 住宅ローンのウェブサイト画像

じぶん銀行は変動金利が0.497%と業界最低水準の金利を実現。さらにがん50%保障団信が無料付帯、印紙代無料、auユーザーは最長5年毎月500円キャッシュバック。さらに契約まで最短10日と「お得さ」と「使い勝手」で人気急上昇中

●変動金利(保証料、金利優遇込)
0.497%
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)
0.580%
●金利以外の主要な負担費用
事務手数料
借入額の2.16%

商品詳細、口コミを見る

 

注目!住宅ローンピックアップ

注目!ソニー銀行の住宅ローン

  • オリコン満足度ランキングで4年連続1位
  • 自己資金1割以上で業界最低水準の金利
  • 変動金利と固定金利を何度でも切り替え可能
  • 前月の15日前後には次月の金利を発表!金利タイプ切替に有利

●変動金利(保証料、金利優遇込) 0.549%
(新規購入&自己資金1割~の場合)0.499%
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)
●金利以外の主要な負担費用事務手数料
借入額の2.16%

商品詳細、口コミを見る

 

住宅ローン借り換えで人気の銀行ピックアップ

借り換えで人気の理由は「様々な不安に対応できる住宅ローン」

  • 事務手数料が他の銀行と比較して数十万円安い。借り換え負担が軽い
  • 家計が苦しいときに繰上返済した期間は元金返済を一旦休止できる
  • 要介護状態でも団信が適用。完済年齢が高齢になる場合に安心
  • 家事代行サービスや病児保育が最大50回分無料で利用ができる
●変動金利(保証料、優遇込) 0.600%
●金利以外の主要な負担費用 54,000円(税込)/安心パック(介護保障・コントロール返済)108,000円(税込)/安心パックW(家事代行・病児保育)162,000円(税込)
商品詳細、口コミを見る
 

WEB申込・借り換え限定の特別金利プランが人気。金利は業界最低水準! 

  • WEB申込限定借り換えローンは当初10年固定が低金利
  • 大手都市銀行なのに保証料が無料で総返済額が安い
  • WEB申込後に店舗や住宅ローンプラザで相談できるので安心
●変動金利(保証料、優遇込) 0.497%
●当初10年固定金利(保証料、優遇込) 0.650%
●金利以外の主要な負担費用 事務手数料32,400円+借入額の2.16%
商品詳細、口コミを見る

フラット35借入中の方は「フラット35からフラット35への借り換え」もできる!
現在のフラット35金利より0.3%以上高い金利で借りてるなら返済額削減可能!

住宅ローンフラット35で人気の銀行ピックアップ

フラット35で人気の理由は「最低金利+事務手数料の安さ」

  • 事務手数料が他の銀行と比較して数十万円安い
  • 楽天銀行口座を返済口座にすると事務手数料が1.08%
  • 金利はフラット35取扱約340社の中で最低金利
●15年~20年固定金利(保証料、優遇込) 1.030%
→フラット35sなら当初10年間の金利 0.730%
●21年~35年固定金利(保証料、優遇込) 1.090%
→フラット35sなら当初10年間の金利 0.790%
●金利以外の主要な負担費用 事務手数料 借入額の1.404%(楽天銀行口座返済で1.08%)
商品詳細、口コミを見る
 

住宅ローン人気ランキング   2017年7月最新情報

順位銀行名変動金利
(保証料・優遇込)
当初10年
固定金利
(保証料・優遇込)
事務
手数料
団信料メリット/独自サービス詳細
1位イオン銀行
イオン銀行住宅ローン
0.570%0.690%借入額の2.16%0円・イオンでの買い物5%OFF
・5年間で最大22.5万円分割引可能
詳細
2位住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行住宅ローン
0.444%
頭金2割
0.444%
借換
0.444%
0.660%
借換
借入額の2.16%※10円・全疾病保障が無料付帯
・諸費用分も借入可能
・女性限定ガン診断給付金特約無料
詳細
3位じぶん銀行
じぶん銀行住宅ローン
0.497%0.580%借入額の2.16%0円

「がん50%保障団信」が無料付帯
・銀行初!申込みから契約までネット完結
・収入印紙代(2万円前後)が無料

詳細
4位ソニー銀行
ソニー銀行住宅ローン
0.549%
新規+頭金1割
0.499%

新規+頭金1割
借入額の2.16%0円・固定と変動を何度でも切り替え可能
・オリコン満足度ランキング4年連続No.1
・翌月の金利を半月前に発表
詳細
5位りそな銀行
りそな銀行住宅ローン
※2017年7月適用金利
0.825%

借換
0.497%
1.250%

借換
0.650%
3.24万円(借換
+借入額
の2.16%)
0円

・銀行初!新しいタイプの団体信用生命保険付き住宅ローン「団信革命」
借り換えなら保証料お客様負担0円に
※WEB受付は借りかえローンのみです。

詳細
6位新生銀行
新生銀行住宅ローン
0.600%1.000%10.8万円0円事務手数料が圧倒的に安い
要介護時の返済免除
・リフォーム資金も同金利で借入可能
・事務手数料16.2万円で家事代行、チャイルドケアが最大50回分無料
詳細
7位みずほ銀行
みずほ銀行住宅ローン
0.800%~1.275%
借換
0.800%~1.175%
1.025%~1.500%
借換
1.025%~1.400%
3.24万円0円

・メガバンクの安心
ネットから借り換え申込みでネット銀行並の金利
・来店不要で契約まで可能

詳細
8位カブドットコム証券(銀行代理業)
kabucom
0.580%借入額の2.16%0円・三菱東京UFJ銀行の低金利
・保証料不要ネット専用住宅ローンを代理販売
詳細
9位楽天銀行
楽天銀行住宅ローン
0.507%~1.157%1.091%~1.741%32.4万円0円

・事務手数料324,000円
審査が通りやすい
・事前審査最短翌日回答

詳細
10位三菱東京UFJ銀行
三菱東京UFJ銀行住宅ローン
0.825%~0.975%1.200%3.24万円0円・メガバンクの安心詳細
11位三井住友銀行
三井住友銀行住宅ローン
0.825%~0.975%1.250%3.24万円0円・メガバンクの安心詳細
12位東京スター銀行
>東京スター銀行住宅ローン
1.100%1.250%

10.8万円

0円・預金した金額分は住宅ローン金利が0%になる詳細

住宅ローンフラット35人気ランキング   2017年7月最新情報

順位銀行名15年~20年金利21年~35年金利事務
手数料
団信料メリット/独自サービス詳細
1位楽天銀行
フラット35
楽天銀行住宅ローン
1.030%1.090%借入額の1.404%約200万円・事務手数料が安い
・楽天銀行口座返済で事務手数料1.08%
詳細
2位住信SBIネット銀行
フラット35
sbi
1.030%1.090%借入額の2.16%約200万円・事務手数料に0.5%上乗せで「全疾病保障」付帯。3000万円ならたった15万円(税別)
・事前審査結果は3営業日以内に通知
詳細
3位ARUHI
フラット35
ARUHI住宅ローン
1.030%1.090%借入額の2.16%約200万円・圧倒的な審査スピード
・本審査は最短3営業日
・フラット35実績No.1
詳細

住宅ローン借り換えメリット スピード診断

現在の毎月の返済額 万円

住宅ローン借り換えメリット診断

このシミュレーションは、住宅ローンを借り換えた際の返済メリットを試算するもので結果を保証するものではありません。正確な借り換えメリットは、各銀行へ相談しましょう。

半年毎ボーナス返済の増額 万円
残りの返済期間
現在の借入金利
  
 

変動金利で借り換えメリットの大きい住宅ローンは?
お得は 借り換えメリットは万円

現在借り換え後
りそな銀行 住宅ローンりそな銀行 住宅ローン

顧客満足度No.1の大手都市銀行の借り換え限定特別金利プラン。大手の信頼感とネット銀行並みの低金利

商品詳細、口コミを見る
金利
毎月のご返済額
ボーナス月の返済額
1年間のご返済額
ご返済総額
借り換え手数料
借り換えメリット総額

変動金利で借り換えメリットの大きい住宅ローンは?
お得は 借り換えメリットは万円

現在借り換え後
住信SBIネット銀行 住宅ローン住信SBIネット銀行 住宅ローン

全疾病保障が無料付帯。借り換えメリットはもちろん、借り換え後の保障も安心。

商品詳細、口コミを見る
金利
毎月のご返済額
ボーナス月の返済額
1年間のご返済額
ご返済総額
借り換え手数料
借り換えメリット総額

変動金利で借り換えメリットの大きい住宅ローンは?
お得は 借り換えメリットは万円

現在借り換え後
新生銀行 住宅ローン新生銀行住宅ローン

大手都銀を大きく上回る低金利を実現。シェアを拡大している住宅ローン。+5万円で要介護対応団信付帯可能

商品詳細、口コミを見る
金利
毎月のご返済額
ボーナス月の返済額
1年間のご返済額
ご返済総額
借り換え手数料
借り換えメリット総額

10年当初固定金利で一番借り換えメリットの大きい住宅ローンは?
一番お得は 借り換えメリットは万円

現在借り換え後
りそな銀行 住宅ローンりそな銀行 住宅ローン

顧客満足度No.1の大手都市銀行の借り換え限定特別金利プラン。大手の信頼感とネット銀行並みの低金利

商品詳細、口コミを見る
金利
 11年後 金利
毎月のご返済額
 11年後 毎月のご返済額
ボーナス月の返済額
 11年後 ボーナス月の返済額
1年間のご返済額
 11年後 1年間のご返済額
ご返済総額
借り換え手数料
借り換えメリット総額

全期期間固定金利で一番借り換えメリットの大きい住宅ローンは?
一番お得は 借り換えメリットは万円

現在借り換え後
楽天銀行フラット35 住宅ローン楽天銀行フラット35 住宅ローン

フラット35なら、事務手数料も含めて一番安いのは間違えない。金利の変動に不安なら楽天銀行の住宅ローン

商品詳細、口コミを見る
りそな銀行 住宅ローンりそな銀行 住宅ローン

顧客満足度No.1の大手都市銀行の借り換え限定特別金利プラン。大手の信頼感とネット銀行並みの低金利

商品詳細、口コミを見る
金利
毎月のご返済額
ボーナス月の返済額
1年間のご返済額
ご返済総額
借り換え手数料
借り換えメリット総額

 

トップ 住宅ローン解説 プロが教える住宅ローン 保険 住宅ローンの火災保険は一括見積で安くする

住宅ローン最新ニュース

article thumbnail

イオン銀行住宅ローンの落とし穴と注意点を徹底解説 住宅ローンは非常にわかりにくい商品です。仕事がら日常的に金利や経済に精 [ ... ]

住宅ローン最新動向レポート

article thumbnail

2018年の住宅ローン金利の動向はどうなる?今後の金利を徹底予測! 2018年の住宅ローン金利はどうなるのでしょうか?少し気が早いタイミングですが、今回は2018年の金利推移を徹底予測します。 記事作成日:2017年7月13日

    住宅ローンの種類

    住宅ローンの審査

    住宅ローンの達人技

    徹底比較!どっちがお得

    住宅ローンサービス分析

    住宅ローンアンケート調査

    article thumbnail

    住宅ローンにも県民性は出てくるのか? 住宅ローン選びにも、地方ごとの特色というのは出てくるのでしょうか?東京の人と北海道 [ ... ]

    教えて住宅ローンQ&A

    article thumbnail

    会社経営をしていて借入が1000万円ある場合、住宅ローンの審査は通りにくいのでしょうか? Q.会社経営をしていて、かつその法人で1 [ ... ]

    新規借入/借換えシミュレーション