住宅ローンを比較分析。人気の住宅ローン選び

SBI新生銀行住宅ローンの落とし穴と注意点を徹底解説

SBI新生銀行住宅ローンの落とし穴と注意点を徹底解説

shinsei128 128住宅ローンは非常にわかりにくい商品です。仕事がら日常的に金利や経済に精通している方であれば問題ありませんが、ほとんどの方は金利に疎く、住宅ローンを検討するタイミングで、はじめて検討する方も少なくありません。だからこそ、住宅ローンごとのデメリットや落とし穴を理解せずに人生で一番高い買い物をしてしまい、後から後悔するのです。今回は「SBI新生銀行の住宅ローン」にフォーカスして、その落とし穴を徹底解説します。

SBI新生銀行住宅ローンの落とし穴「変動金利が変動金利じゃない事実」

「変動金利が変動金利じゃないってどういうこと?」

 

変わるのは「変動金利の基準金利」であり、基準金利が変わらない限りは変動金利も変わらないのです。

変動金利の基準金利は年2回見直しされるルールで運用されていて、景気(政策金利、長期金利、短期プライムレート)などの影響を受けます。

変動金利の基準金利 改定履歴

shinsei-otoshiana 18

これがいわゆる一般的な「変動金利」の概念です。

SBI新生銀行の変動金利の場合

shinsei-otoshiana 19

2017年5月時点

  • 変動金利の基準金利:1.550%
  • 金利の引き下げ幅:-0.950%
  • 適用変動金利:0.600%

です。

しかし、SBI新生銀行の変動金利(半年型)タイプは、借入から半年後に「変動金利の基準金利からの引き下げ幅」が変わる設計になっています。

つまり、変動金利なのに金利の引き下げ幅が変わるのです。

半年後には基準金利が全く変わらないと仮定した場合

shinsei-otoshiana 20

半年後想定

  • 変動金利の基準金利:1.550%
  • 金利の引き下げ幅:-0.650%
  • 適用変動金利:0.900%

です。

つまり、半年で0.3%も金利が上昇してしまう変動金利なのです。

35年借入で基準金利が変わらないとしたら、はじめの半年は0.6%ですが、残りの34年と半年は0.9%なのです。

これを知らないでSBI新生銀行の変動金利(半年型)タイプで借りてしまったとしたら

1年後に「あれっ、なんで金利が上がっているんだろう??」と後悔してしまう可能性もあるのです。

これはSBI新生銀行の住宅ローンの大きな落とし穴と言えます。

SBI新生銀行の「変動金利(半年型)タイプ」は変動金利と言うよりは「当初0.5年固定金利」といった方が良い分類の住宅ローン商品なのです。混同しないように注意が必要です。

SBI新生銀行住宅ローンの落とし穴「残高が減るほど金利が上がる」

SBI新生銀行の住宅ローンは変わった金利設計をしています。

前述した変動金利も同じですが、当初固定金利を見ても、大きな落とし穴があるのです。

それは「借入残高が減れば減るほど金利が上がる」というものです。

例えば、当初10年固定金利の場合

2017年5月時点

基準金利が一定、当初固定金利終了後ももう一度当初10年固定金利を選択した場合

shinsei-otoshiana 21

  • 10年固定金利の基準金利:2.00%
  • 当初10年間の金利の引き下げ幅:-1.00%(適用金利:1.00%)
  • 当初10年間終了後で残高500万円以上の金利の引き下げ幅:-0.70%(適用金利:1.30%)
  • 当初10年間終了後で残高500万円未満の金利の引き下げ幅:-0.00%(適用金利:2.00%)

3段階で金利が上がっていくのです。

例えば、住信SBIネット銀行の場合

2017年5月時点

基準金利が一定、当初固定金利終了後ももう一度当初10年固定金利を選択した場合

shinsei-otoshiana 22

  • 10年固定金利の基準金利:2.31%
  • 当初10年間の金利の引き下げ幅:-1.70%(適用金利:0.61%)
  • 当初10年間終了後の金利の引き下げ幅:-0.70%(適用金利:1.61%)

です。

他の住宅ローンでも「当初固定期間の金利の引き下げ幅」と「当初固定期間終了後の金利の引き下げ幅」は小さくなる(金利が上がる)のが一般的なのですが

SBI新生銀行は残高が減ることで金利が上がるという3段階の金利上昇があるのです。

これもSBI新生銀行の住宅ローンの落とし穴なのです。

SBI新生銀行は金利優遇キャンペーンなども積極的に展開していますが、基本ははじめの○か月だけ金利優遇というものが多く、商品設計も含めて「はじめは低金利、後から高金利」という戦略で住宅ローンを提供していると推察されます。

ビジネス上の戦略ですので、いい悪いということはありませんが、選ぶ側が知識を持って選ぶ必要があります。

SBI新生銀行住宅ローンの落とし穴の回避法

回避法その1.変動金利は選ばない

とくに変動金利は前述した状況ですから、半年後の金利が他の住宅ローンの変動金利よりも低金利でなければメリットはありません。

しかし、そのような金利状況になることはほとんどありませんので、他の銀行の住宅ローンの変動金利をおすすめします。

回避法その2.当初固定金利は金利上昇の前に借り換え

SBI新生銀行の住宅ローンで当初固定金利を利用する場合は

  • 当初固定期間終了時
  • 残高500万円を切るとき

の2回金利が上昇するタイミングがあります。

金利にも、よりますが金利上昇の前に他の住宅ローンに借り替えてしまうというのも一つの選択肢です。借り換えをするのであれば、借り換えの諸費用は発生しますが金利が低金利の時のメリットだけ享受することができます。

回避法その3.全期間固定金利を選ぶ

SBI新生銀行の住宅ローンの大きなメリットは

  • 諸費用が5万円(税別)~と格安なこと
  • 介護付き団信無料付帯
  • コントロール返済

という点が挙げられます。

そのため、借り換え先の住宅ローンとして選ばれるケースが多いのですが、借り換えでSBI新生銀行の住宅ローンを選ぶときは「全期間固定金利」を選ぶことをおすすめします。

全期間固定金利であれば、金利は完済まで変わりません。

まとめ

SBI新生銀行住宅ローンの落とし穴は

  • 変動金利が変動金利ではないこと
  • 当初固定金利、変動金利は3段階の金利上昇があること

です。

しかし、これを回避さえしていれば

SBI新生銀行の住宅ローンには

  • 諸費用が5万円(税別)~と格安なこと
  • 介護付き団信無料付帯
  • コントロール返済ができる
  • 病児保育、家事代行サービスが利用できる

とメリットも多いので、とくに借り換え利用者におすすめできる住宅ローンであることには違いはありません。

SBI新生銀行の住宅ローンの詳細はこちら

 

この記事が住宅ローン選びにプラスになったと思ったら「いいね」お願いします。

当サイト利用者実績のべ数
727万1706人

※ 自社調べ。運営歴8年
ファイナンシャルプランナー(FP)が運営

住宅ローン人気銀行ピックアップ   2023年2月最新情報

ランキングアイコン1位イオン銀行 住宅ローン
イオン銀行 住宅ローンのウェブサイト画像

変動金利、当初10年固定金利ともにネット銀行トップクラスの低金利。イオンでのお買い物が5年間5%OFFで最大22.5万円の割引に。自己資金は0円でも借り入れ可能。さらに最大300万円までの諸費用ローンありと利便性も高い

●変動金利(保証料、金利優遇込)
0.430%
0.430%(借り換え)
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)
1.440%
●金利以外の主要な負担費用(税込)
事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る

ランキングアイコン2位住信SBIネット銀行 住宅ローン
住信SBIネット銀行住宅ローンのウェブサイト画像

がん、心筋梗塞、脳卒中など全てのケガ・病気で就業不能状態になると、住宅ローン返済が免除される全疾病保障が無料付帯。変動金利、5年、10年当初固定金利も圧倒的な低金利。さらに女性の方には保険料無料でガン診断給付金付き

●変動金利(保証料、金利優遇込)
0.440%
0.428%(借り換え)
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)
1.660%
●金利以外の主要な負担費用(税込)
事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る


 

ランキングアイコン3位ソニー銀行 住宅ローン
ソニー銀行 住宅ローンのウェブサイト画像

ソニー銀行は変動金利が0.447%、頭金1割超で0.397%と業界最低水準の金利を実現。さらにオリコン満足度ランキングで4年連続1位を誇りサービスレベルの高さに定評。固定金利と変動金利の切替えが自由に何度も可能でリスク回避

●変動金利(保証料、金利優遇込)
0.447%
0.397%(新規購入&自己資金1割~)
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)

●金利以外の主要な負担費用
事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る

 

注目!住宅ローンピックアップ

注目!ソニー銀行の住宅ローン

  • 自己資金1割以上で業界最低水準の金利
  • がん50%保障特約付団信無料付帯
  • AIによる自動審査で最短60分スピード審査回答
  • 変動金利と固定金利を何度でも切り替え可能
  • 前月の15日前後には次月の金利を発表!金利タイプ切替に有利

●変動金利(保証料、金利優遇込) 0.447%
(新規購入&自己資金1割~の場合)0.397%
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)
●金利以外の主要な負担費用事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る

 

住宅ローン借り換えで人気の銀行ピックアップ

借り換えで人気の理由は「様々な不安に対応できる住宅ローン」

  • 事務手数料が他の銀行と比較して数十万円安い。借り換え負担が軽い
  • 家計が苦しいときに繰上返済した期間は元金返済を一旦休止できる
  • 要介護状態でも団信が適用。完済年齢が高齢になる場合に安心
  • 家事代行サービスや病児保育が最大50回分無料で利用ができる
●変動金利(保証料、優遇込) 0.420%
●金利以外の主要な負担費用 55,000円(税込)/安心パック(介護保障・コントロール返済)110,000円(税込)/安心パックW(家事代行・病児保育)165,000円(税込)/変動金利(半年型)タイプ<変動フォーカス>借入額の2.20%(税込)
商品詳細、口コミを見る
 

WEB申込・借り換え限定の特別金利プランが人気。金利は業界最低水準! 

  • WEB申込限定借り換えローンは当初10年固定が低金利
  • 大手都市銀行なのに保証料が無料で総返済額が安い
  • WEB申込後に店舗や住宅ローンプラザで相談できるので安心
●変動金利(保証料、優遇込) 0.430%
●当初10年固定金利(保証料、優遇込) 1.185%
●金利以外の主要な負担費用 事務手数料33,000円+借入額の2.20%
商品詳細、口コミを見る

フラット35借入中の方は「フラット35からフラット35への借り換え」もできる!
現在のフラット35金利より0.3%以上高い金利で借りてるなら返済額削減可能!

住宅ローンフラット35で人気の銀行ピックアップ

フラット35で人気の理由は「最低金利+事務手数料の安さ」

  • 事務手数料が他の銀行と比較して数十万円安い
  • 楽天銀行口座を返済口座にすると事務手数料が1.10%
  • 金利はフラット35取扱約340社の中で最低金利
●15年~20年固定金利(保証料、優遇込) 1.520%
→フラット35sなら当初10年間の金利 1.270%
●21年~35年固定金利(保証料、優遇込) 1.680%
→フラット35sなら当初10年間の金利 1.430%
●金利以外の主要な負担費用 事務手数料 借入額の1.43%(楽天銀行口座返済で1.10%)
商品詳細、口コミを見る
 

住宅ローン人気ランキング   2023年2月最新情報

順位銀行名変動金利
(保証料・優遇込)
当初10年
固定金利
(保証料・優遇込)
事務
手数料
(税込)
団信料メリット/独自サービス詳細
1位イオン銀行
イオン銀行住宅ローン
0.430%1.440%借入額の2.20%0円・イオンでの買い物5%OFF
・5年間で最大22.5万円分割引可能
詳細
2位住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行住宅ローン
0.440%
借換
0.428%
1.660%
借換
借入額の2.20%※10円・全疾病保障が無料付帯
・諸費用分も借入可能(金利0.05%上乗)
・女性限定ガン診断給付金特約無料
詳細
3位ソニー銀行
ソニー銀行住宅ローン
0.447%
新規+頭金1割
0.397%

新規+頭金1割
借入額の2.20%0円・固定と変動を何度でも切り替え可能
・がん50%保障特約付団信無料付帯
・翌月の金利を半月前に発表
・AIによる自動審査で最短60分スピード審査回答
詳細
4位りそな銀行
りそな銀行住宅ローン
※2023年2月適用金利
0.725%

借換
0.430%
1.440%

借換
1.185%
3.3万円(借換
+借入額
の2.20%)
0円

・銀行初!新しいタイプの団体信用生命保険付き住宅ローン「団信革命」
借り換えなら保証料お客様負担0円に
※WEB受付は借りかえローンのみです。

詳細
56位東京スター銀行
>東京スター銀行住宅ローン
0.750%~1.250%1.600%~2.100%

借入額の2.20%

0円

・入院保険が無料付帯
・普通預金金利優遇

詳細
6位SBI新生銀行
SBI新生銀行住宅ローン
0.420%-

借入額の2.20%

0円・リフォーム資金も同金利で借入可能詳細
7位カブドットコム証券(銀行代理業)
kabucom
借入額の2.20%0円・三菱UFJ銀行の低金利
・保証料不要ネット専用住宅ローンを代理販売
詳細
8位みずほ銀行
みずほ銀行住宅ローン
0.575%~0.875%
借換
0.575%~0.875%
1.600%~1.900%
借換
1.600%~1.900%
3.3万円0円

・メガバンクの安心
ネットから借り換え申込みでネット銀行並の金利
・来店不要で契約まで可能

詳細
9位楽天銀行
楽天銀行住宅ローン
0.539%~1.189%1.727%~2.377%33万円0円

・事務手数料330,000円
審査が通りやすい
・事前審査最短翌日回答
全疾病保障無料付帯

詳細
10位三菱UFJ銀行
三菱UFJ銀行住宅ローン
0.675%3.3万円0円・メガバンクの安心詳細
11位三井住友銀行
三井住友銀行住宅ローン
0.675%~0.925%1.340%3.3万円0円・メガバンクの安心詳細

住宅ローンフラット35人気ランキング   2023年2月最新情報

順位銀行名15年~20年金利21年~35年金利事務
手数料
(税込)
団信料メリット/独自サービス詳細
1位住信SBIネット銀行
フラット35(買取型)
sbi
1.520%1.680%借入額の1.10%約200万円

・事務手数料1.10%
・事務手数料に0.5%上乗せで「全疾病保障」付帯。3000万円ならたった15万円(税別)

・事前審査結果は3営業日以内に通知

詳細
2位楽天銀行
フラット35
楽天銀行住宅ローン
1.520%1.680%借入額の1.43%約200万円・事務手数料が安い
・楽天銀行口座返済で事務手数料1.10%
詳細
3位ARUHI
フラット35
ARUHI住宅ローン
1.520%1.680%借入額の2.20%約200万円・圧倒的な審査スピード
・本審査は最短3営業日
・フラット35実績No.1
詳細

トップ 住宅ローンの達人が教える 住宅ローン落とし穴 SBI新生銀行住宅ローンの落とし穴と注意点を徹底解説

住宅ローン最新動向レポート

article thumbnail

住宅ローン金利動向 2019年9月レポート 住宅ローンの金利動向・金利推移をまとめた毎月のレポートです。住宅ローンを検討している方は参考にしていただければ幸いです。

    住宅ローンの種類

    住宅ローンの審査

    住宅ローンの達人技

    徹底比較!どっちがお得

    住宅ローンサービス分析

    住宅ローンアンケート調査

    article thumbnail

    住宅ローンにも県民性は出てくるのか? 住宅ローン選びにも、地方ごとの特色というのは出てくるのでしょうか?東京の人と北海道 [ ... ]

    教えて住宅ローンQ&A

    article thumbnail

    会社経営をしていて借入が1000万円ある場合、住宅ローンの審査は通りにくいのでしょうか? Q.会社経営をしていて、かつその法人で1 [ ... ]

    新規借入/借換えシミュレーション