住宅ローンを比較分析。人気の住宅ローン選び[PR]

自営業 住宅ローン

自営業 住宅ローン

住宅ローンは、自営業か会社員の違いで金融機関の審査内容も異なり、物件の内容や借入額、金利、返済年数でも変わってきます。自営業は収入が安定しないことから、住宅ローンの審査が厳しくなる傾向があります。

なぜならば、住宅ローンの審査では、収入だけではなく、購入する物件の担保価値と長期間に渡って継続的に返済できるかどうか、収入の安定性が大きなポイントとなります。自営業者は給与所得者と比べて収入が安定しない、変動しやすいという評価から、審査通過が難しいのです。

自営業 住宅ローンの審査上のデメリット

・節税のために収入を抑えるケースが多く、申告上は所得が少ない。
・自営業者の所得は給与所得者と比べて操作しやすいため、銀行からすると実態が分かりにくい。
・経営状況によって収益に変動があるため、安定した所得が把握しにくい。
・退職金がないこと
・病気や怪我などで収入が0になる可能性もある。
・所得が多くても、経営状態が悪い場合や事業での借入が多いケースはマイナス査定

つまり、状況的には会社員より住宅ローンの審査が厳しいことはいたしかたないのです。自営業ならではの住宅ローン対策を考える必要があります。

自営業 住宅ローン対策

・申告所得額の変動が過去3年間ぐらい安定した状況を作る。(一番低い年度の所得で判断されます)
・住宅ローンの対策期間は、節税を控え財務内容、所得を良くする。
・借入額に対する返済率を満たす所得の公的証明を過去3年間分用意できること。

自営業は売上げから必要経費を引いた後の所得(確定申告書の所得項目)
会社員は給与所得控除後の金額(源泉徴収票の給与・賞与の支払金額)が審査対象です。

申告所得額の変動が過去3年間あまりないこと、また借入額に対する返済率を満たす所得額の公的証明が過去3年間取得できる取れるなどが必要で、借入額は最大でも所得の5倍程度といわれています。

自営業の方は、確定申告において、節税のため、できるだけ低所得にしていることが多くなっています。しかし、自営業の方は所得が収入とみなされるため、所得が少なきえれば、収入が少ないということになり、住宅ローン審査においては不利となるのです。

住宅ローンを検討する場合は、3年間は節税は控えて所得を多くする必要があります。住宅ローンが目的であれば節税をすることよりも、住宅ローンを受けやすくすることを考えましょう。

自営業 住宅ローン 必要な書類

●物件に関する書類

不動産販売会社が用意
・不動産売買契約書
・重要事項説明書
・前面道路謄本(マンションの場合不要)
・パンフレット(物件チラシ)・販売価格表(新築マンション)

法務局で取得
・建物の不動産登記簿謄本(敷地権マンションの場合建物のみ)
・土地の不動産登記簿謄本
・土地の公図(マンションの場合不要)

建築業者が用意
・地積測量図(マンションの場合不要)
・建築確認通知書または建物確認済書
・建築物検査済証(新築一戸建)
・建物図面・間取図

●収入・資金使途に関する書類

税務署に提出した書類の控え
・確定申告書(直近付属明細含む1~3期分)
・納税証明書(直近1~3期分)

※注意

審査は、直近3期分の平均所得で計算されるため、受付印のある確定申告書のコピーが必要になります。
きちんと確定申告がされているか。3年間の平均所得額で、住宅ローンが返済可能か、審査されます。
今年から売り上げが大きく伸び、申告額が増えても、金融機関は3期連続黒字の決算書を評価します。
住宅ローンの申込みのタイミングは、「3期連続で黒字」をひとつの目安としてください。
節税対策で所得を減らしている場合、住宅ローンが有線であれば、節税対策はひとまず中止することが賢明な対応です。申告額が少ないと審査が不利になります。

納税証明書では、税金を納めていることを証明することで、信用が上がります。
税金の滞納があると回収するときに、税金が優先されるので金融機関は税金滞納者への融資は消極的です。

●その他の書類

・本人確認書類(運転免許証のコピー、パスポートのコピー、住民基本台帳カード(写真付)、外国人登録証明書のいずれか一点)
・健康保険証のコピー
・登記簿謄本(現在持ち家の場合)
・返済明細一式(借入れのある場合)

市区町村役場で取得
・印鑑証明書(2通)
・住民票(2通)

自営業 住宅ローン控除

住宅ローン控除の適用を受けるには、入居した次の年の2月16日から3月15日までに確定申告書を作成して、所轄の税務署長に提出する必要があります。自営業者は控除期間は全て確定申告で税額控除を申告します。(給与所得者は2年以降から年末調整で住宅ローン控除が適用されます)

自営業 住宅ローンの融資が受けやすい銀行

自営業の場合、融資を受けやすい銀行の一番手はメインバンクです。なぜなら、会社のメインバンクは、住宅ローンの審査をする前に、経営状況やお金の流れを把握しており、貸し倒れの可能性を他の銀行よりは的確に判断ができるからです。

ただし、条件を選べないひとつのメインバンクだけで住宅ローンの条件を決めると、比較もできない状況になるため、本当に借入ができないのか、も含めて他の銀行へも申込しましょう。

また最近では、勤続年数を問わないフラット35や個人事業主で不利といわれる人でも融資を受けられる住宅ローンが増えて来ました。基本的にはサラリーマンや公務員の方々に比べ簡単ではありませんが、時代も変わり色々なローンが発売されてますので諦めずに取り組むべきと最近は思います。

 

この記事が住宅ローン選びにプラスになったと思ったら「いいね」お願いします。

当サイト利用者実績のべ数
727万1706人

※ 自社調べ。運営歴8年
ファイナンシャルプランナー(FP)が運営

住宅ローン人気銀行ピックアップ   2023年12月最新情報

ランキングアイコン1位イオン銀行 住宅ローン
イオン銀行 住宅ローンのウェブサイト画像

変動金利、当初10年固定金利ともにネット銀行トップクラスの低金利。イオンでのお買い物が5年間5%OFFで最大22.5万円の割引に。自己資金は0円でも借り入れ可能。さらに最大300万円までの諸費用ローンありと利便性も高い

●変動金利(保証料、金利優遇込)
0.430%
0.430%(借り換え)
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)
1.590%
●金利以外の主要な負担費用(税込)
事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る

ランキングアイコン2位住信SBIネット銀行 住宅ローン
住信SBIネット銀行住宅ローンのウェブサイト画像

がん、心筋梗塞、脳卒中など全てのケガ・病気で就業不能状態になると、住宅ローン返済が免除される全疾病保障が無料付帯。変動金利、5年、10年当初固定金利も圧倒的な低金利。

●変動金利(保証料、金利優遇込)
0.320%
0.298%(借り換え)
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)
1.338%
●金利以外の主要な負担費用(税込)
事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る


 

ランキングアイコン3位ソニー銀行 住宅ローン
ソニー銀行 住宅ローンのウェブサイト画像

ソニー銀行は変動金利が0.297%、頭金1割超で0.397%と業界最低水準の金利を実現。さらにオリコン満足度ランキングで4年連続1位を誇りサービスレベルの高さに定評。固定金利と変動金利の切替えが自由に何度も可能でリスク回避

●変動金利(保証料、金利優遇込)
0.297%
0.397%(新規購入&自己資金1割~)
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)

●金利以外の主要な負担費用
事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る

 

注目!住宅ローンピックアップ

注目!ソニー銀行の住宅ローン

  • 自己資金1割以上で業界最低水準の金利
  • がん50%保障特約付団信無料付帯
  • AIによる自動審査で最短60分スピード審査回答
  • 変動金利と固定金利を何度でも切り替え可能
  • 前月の15日前後には次月の金利を発表!金利タイプ切替に有利

●変動金利(保証料、金利優遇込) 0.297%
(新規購入&自己資金1割~の場合)0.397%
●当初10年固定金利(保証料、優遇込)
●金利以外の主要な負担費用事務手数料
借入額の2.20%

商品詳細、口コミを見る

 

住宅ローン借り換えで人気の銀行ピックアップ

借り換えで人気の理由は「様々な不安に対応できる住宅ローン」

  • 事務手数料が他の銀行と比較して数十万円安い。借り換え負担が軽い
  • 家計が苦しいときに繰上返済した期間は元金返済を一旦休止できる
  • 要介護状態でも団信が適用。完済年齢が高齢になる場合に安心
  • 家事代行サービスや病児保育が最大50回分無料で利用ができる
●変動金利(保証料、優遇込) 0.420%
●金利以外の主要な負担費用 55,000円(税込)/安心パック(介護保障・コントロール返済)110,000円(税込)/安心パックW(家事代行・病児保育)165,000円(税込)/変動金利(半年型)タイプ<変動フォーカス>借入額の2.20%(税込)
商品詳細、口コミを見る
 

WEB申込・借り換え限定の特別金利プランが人気。金利は業界最低水準! 

  • WEB申込限定借り換えローンは当初10年固定が低金利
  • 大手都市銀行なのに保証料が無料で総返済額が安い
  • WEB申込後に店舗や住宅ローンプラザで相談できるので安心
●変動金利(保証料、優遇込) 0.340%
●当初10年固定金利(保証料、優遇込) 1.585%
●金利以外の主要な負担費用 事務手数料33,000円+借入額の2.20%
商品詳細、口コミを見る

フラット35借入中の方は「フラット35からフラット35への借り換え」もできる!
現在のフラット35金利より0.3%以上高い金利で借りてるなら返済額削減可能!

住宅ローンフラット35で人気の銀行ピックアップ

フラット35で人気の理由は「最低金利+事務手数料の安さ」

  • 事務手数料が他の銀行と比較して数十万円安い
  • 楽天銀行口座を返済口座にすると事務手数料が1.10%
  • 金利はフラット35取扱約340社の中で最低金利
●15年~20年固定金利(保証料、優遇込) 1.230%
→フラット35sなら当初10年間の金利 0.980%
●21年~35年固定金利(保証料、優遇込) 1.710%
→フラット35sなら当初10年間の金利 1.460%
●金利以外の主要な負担費用 事務手数料 借入額の1.43%(楽天銀行口座返済で1.10%)
商品詳細、口コミを見る
 

住宅ローン人気ランキング   2023年12月最新情報

順位銀行名変動金利
(保証料・優遇込)
当初10年
固定金利
(保証料・優遇込)
事務
手数料
(税込)
団信料メリット/独自サービス詳細
1位イオン銀行
イオン銀行住宅ローン
0.430%1.590%借入額の2.20%0円・イオンでの買い物5%OFF
・5年間で最大22.5万円分割引可能
詳細
2位住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行住宅ローン
0.320%
借換
0.298%
1.338%
借換
借入額の2.20%※10円・全疾病保障が無料付帯
・諸費用分も借入可能(金利0.05%上乗)
詳細
3位ソニー銀行
ソニー銀行住宅ローン
0.297%
新規+頭金1割
0.397%

新規+頭金1割
借入額の2.20%0円・固定と変動を何度でも切り替え可能
・がん50%保障特約付団信無料付帯
・翌月の金利を半月前に発表
・AIによる自動審査で最短60分スピード審査回答
詳細
4位りそな銀行
りそな銀行住宅ローン
※2023年12月適用金利
0.540%

借換
0.340%
1.840%

借換
1.585%
3.3万円(借換
+借入額
の2.20%)
0円

・銀行初!新しいタイプの団体信用生命保険付き住宅ローン「団信革命」
借り換えなら保証料お客様負担0円に
※WEB受付は借りかえローンのみです。

詳細
56位東京スター銀行
>東京スター銀行住宅ローン
0.750%~1.250%1.800%~2.300%

借入額の2.20%

0円

・入院保険が無料付帯
・普通預金金利優遇

詳細
6位SBI新生銀行
SBI新生銀行住宅ローン
0.420%-

借入額の2.20%

0円・リフォーム資金も同金利で借入可能詳細
7位カブドットコム証券(銀行代理業)
kabucom
借入額の2.20%0円・三菱UFJ銀行の低金利
・保証料不要ネット専用住宅ローンを代理販売
詳細
8位みずほ銀行
みずほ銀行住宅ローン
0.575%~0.875%
借換
0.575%~0.875%
1.600%~1.900%
借換
1.600%~1.900%
3.3万円0円

・メガバンクの安心
ネットから借り換え申込みでネット銀行並の金利
・来店不要で契約まで可能

詳細
9位楽天銀行
楽天銀行住宅ローン
0.550%~1.200%1.855%~2.505%33万円0円

・事務手数料330,000円
審査が通りやすい
・事前審査最短翌日回答
全疾病保障無料付帯

詳細
10位三菱UFJ銀行
三菱UFJ銀行住宅ローン
0.345%~0.475%3.3万円0円・メガバンクの安心詳細
11位三井住友銀行
三井住友銀行住宅ローン
0.675%~0.925%1.390%3.3万円0円・メガバンクの安心詳細

住宅ローンフラット35人気ランキング   2023年12月最新情報

順位銀行名15年~20年金利21年~35年金利事務
手数料
(税込)
団信料メリット/独自サービス詳細
1位住信SBIネット銀行
フラット35(買取型)
sbi
1.230%1.710%借入額の1.10%約200万円

・事務手数料1.10%
・事務手数料に0.5%上乗せで「全疾病保障」付帯。3000万円ならたった15万円(税別)

・事前審査結果は3営業日以内に通知

詳細
2位楽天銀行
フラット35
楽天銀行住宅ローン
1.230%1.710%借入額の1.43%約200万円・事務手数料が安い
・楽天銀行口座返済で事務手数料1.10%
詳細
3位ARUHI
フラット35
ARUHI住宅ローン
1.230%1.710%借入額の2.20%約200万円・圧倒的な審査スピード
・本審査は最短3営業日
・フラット35実績No.1
詳細

住宅ローン最新動向レポート

article thumbnail

住宅ローン金利動向 2019年9月レポート 住宅ローンの金利動向・金利推移をまとめた毎月のレポートです。住宅ローンを検討している方は参考にしていただければ幸いです。

    住宅ローンの種類

    住宅ローンの審査

    住宅ローンの達人技

    徹底比較!どっちがお得

    住宅ローンサービス分析

    住宅ローンアンケート調査

    article thumbnail

    住宅ローンにも県民性は出てくるのか? 住宅ローン選びにも、地方ごとの特色というのは出てくるのでしょうか?東京の人と北海道 [ ... ]

    教えて住宅ローンQ&A

    article thumbnail

    会社経営をしていて借入が1000万円ある場合、住宅ローンの審査は通りにくいのでしょうか? Q.会社経営をしていて、かつその法人で1 [ ... ]

    新規借入/借換えシミュレーション